法会労メールマガジン

アクセスカウンタ

zoom RSS 【第301号】所有者不明土地の特措法が施行 仕事に関係ありそうなこと

<<   作成日時 : 2018/12/06 08:20  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*

週刊 法会労メールマガジン

*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*

毎週金曜日発行

2018年11月30日

【第301号】

法律事務所などで働く皆さんこんにちは☆
法会労メールマガジンです!

もう明日から12月ですね。今年も残すところあとひと月。体調崩していませんか?十分気をつけていきましょう!

さて,前号で配信300号でしたので,記念として読者のみなさまや記事や情報をお寄せ頂いたみなさまへの日頃の感謝の気持ちとして,事務員あるある再現ムービーを公開しています。

以前,企画しました「失敗談・あるある交流会」で放映した事務員あるある再現ムービーのあるある状況17本のうち,人気が高かったもの3本をみなさまに期間限定でご覧いただけるようにしました。

限定動画をYouTubeにアップしました。公開期間は1ヶ月程度にしたいと思います。
是非この機会にご覧下さい☆

法会労メルマガ配信300号記念特典映像
https://youtu.be/b4fIhqSB6Tc

ところで,12月といえば忘年会ですね。
私の地域の職場で企画している忘年会では,昨年から【お宝交換会】を実施しています。
自分では使わないけど人にあげたら喜ばれそうな物を持ち寄り,ゲームに勝った人から好きなものを選べる企画です。

昨年は,アイドルグループの握手券目的で購入したCDやクリスタルガラス製のサラダボール等をご提供いただきました。ちなみにこのサラダボールは私の家で第一線で活躍しています。

私は,うちにあるのに何故かもらってしまった食材の重さを量るTANITAのキッチン秤を提供しました。2台のキッチン秤,これほど不用なものはありません。なのに何でもらったかって?あげると言われているのにもらわないわけにはいかないことも人生にはありますからね。

今年もあげると言われてもらわずにいられなったそこそこ良いものを提供しようと思っています。なんと!高級〇〇です!参加して確認しましょう。

是非みなさん!飲食代実費だけで参加できてお土産も持ち帰れる私どもの忘年会に参加しませんか?参加お申込みお待ちしています☆法会労組合員以外の方も参加大歓迎です!


(編集長)


【追記】

法会労メールマガジン編集部でLINE公式アカウント取得しました。
最新の研修会のご案内や仕事に関する情報,本メルマガに関してのお知らせや事務員あるある・雑学知識・お役立ち過去記事等をお届けしたいと思っています。
よろしければ,友だち追加をお願いします☆
LINE ID:@kui8292p
アカウント名 法会労メールマガジン編集部
お知らせページはコチラ↓
https://houkairou-mail-magazine.com/?p=63&preview=true

Twitterのフォローお願いします☆
お知らせページはコチラ↓
https://houkairou-mail-magazine.com/?p=61&preview=true



______________________________________________________________________________

【今週の掲載記事】
______________________________________________________________________________

■お役立ち過去記事紹介

■お仕事マメ知識
所有者不明土地問題の特別措置法が成立・施行
登記記録に付記等,仕事に関係ありそうなこと

■研修会等企画のご案内

■事務員あるある

■業務に役立つ書籍紹介

■今週の雑学知識

■法会労って?

■バックナンバー関連情報
相続法を改正する法律の施行期日が決まりました

■編集後記



______________________________________________________________________________

【お役立ち過去記事紹介】
______________________________________________________________________________

内容証明郵便を差し出した際の謄本(差出人の控え)をなくしてしまっても、再度発行してもらえる場合があることをご紹介しています。

第60号【特集記事】をご覧ください。
http://houkairou-merumaga.at.webry.info/201402/article_1.html



______________________________________________________________________________

【お仕事マメ知識】
所有者不明土地問題の特別措置法が成立・施行−登記記録に付記等,仕事に関係ありそうなこと
______________________________________________________________________________

日本全国で所有者不明土地の面積は九州よりも広いなどと報道等で聞くことがあるかも知れません。「所有者不明」土地が本当にそんなにあるのか若干の疑問がないこともないですが,相続や売買があったのに登記していない・住所が変わっているのに住所変更登記がなされていないケースがかなりの数あることは確かなようです。

今後,相続等の登記がされず「所有者不明」の土地が増えることが見込まれること等を理由として,2018年6月6日,所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法(平成30年法律第49号・以下「特措法」)が成立し,一部が2018年11月15日から施行されています。

この法律は(1)所有者不明土地を国等が公共事業で利用するために所有権を取得したり利用権を設定することを従来より容易にすること(2)行政機関等がする所有者を探索する方法を拡充すること(3)所有者不明土地を適切に管理する仕組みを創設することを主な柱としています。

今回は,この特措法のうち,私たちの仕事に関係しそうな部分をつまみ食い的にご紹介したいと思います。

■登記官が相続人等を探索する措置
登記官は,所有者不明土地を利用しようとする行政機関等の求めがあった場合に,対象の土地の所有者が死亡しているかどうかを調べ,所有者不明土地であり30年を超えて相続登記等がされていないと認定した場合には,その内容を職権で登記記録に反映する措置がとられることとなりました(特措法第40条1項)。

■登記記録に所有者不明土地であることを付記する措置
上記の登記記録の反映は,所有権の登記に付記登記をすることによってなされます。内容としては,相続人の全部又は一部が判明しないときはその旨と,12桁の登記所ごとに付される作成番号が記載されます。
具体的にどのような登記の記載となるかは見本がありますので以下に掲載します。
今後,このような登記記録を,登記事項証明書を取り寄せた場合に見かけることがあるかもしれませんね。

所有者不明土地であることを付記する登記の見本↓
https://houkairou-mail-magazine.com/haifu/181130toukimihon.pdf

■登記官が相続人等に登記をするよう勧める措置
これまで法務局は不動産の登記申請があった場合にそれを受け付け登記記録に反映するという主には受動的な役割を果たしていましたが,上記(A)の相続人等の探索により所有権登記名義人となり得る者を知ったときは,その者に相続登記等の申請の勧告できるものとされました(特措法第40条2項後段)。登記官から能動的に働きかけて登記申請を促す役割ができたんですね。

■不在者の財産管理人の選任請求を地方公共団体の長が請求できる特例
仕事で不在者の財産管理人の選任申立てをすることや,先生が財産管理人をしている場合があるかもしれません。民法では,不在者の財産管理人の選任の請求は利害関係人又は検察官のみができることになっています(民法第25条)が,所有者不明土地の適切な管理のために特に必要がある場合には,地方公共団体の長等が家裁に選任請求できる特例が設けられました。

以上,私たちの仕事に大きく影響があるわけではなさそうですが,マメ知識としてこのような改正がありましたのでお知らせします。


(編集長)



______________________________________________________________________________

【バックナンバー】
______________________________________________________________________________

【第298号】
■労働法改正その2 年次有給休暇取得の義務化/
■民事執行法が改正見込み その2 第三者から債務者財産に関する情報を取得する制度の新設
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201811/article_3.html

【第299号】
■民事執行法が改正見込み その2 第三者から債務者財産に関する情報を取得する制度の新設/
■私の失敗談:コピーの失敗あるある集
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201811/article_4.html

【第300号】
■法律事務所の名称アレコレ/
■配信300号記念特典映像(※読者限定につきバックナンバーブログでは配布していません。)
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201811/article_5.html


297号以前も含め全てのバックナンバーは以下からご覧いただけます。
週刊!法会労メールマガジン バックナンバーブログ
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/



______________________________________________________________________________

【研修会等企画のご案内】
●●オンライン申し込み開設しています●●
______________________________________________________________________________


■■■ 年末親睦会(忘年会) ■■■

皆さん、今年はどんな一年でしたか。いいこともちょっと愚痴りたいこともまとめて、京橋すきや分会の忘年会でおしゃべりしませんか。
「捨てる神あれば拾う神あり」の自分では使わないけど人にあげたら喜ぶかも!?な不用品お宝交換会(リアルジモティー)も開催します!
組合員以外の方のご参加も大歓迎!ご参加お待ちしております!

京橋すきや分会主催
・日 時 2018年12月13日(木) 19:00〜
・場 所 旬日比谷シティ法律事務所3階会議室
・参加費 2,000円程度(飲食代実費割り勘)
・連絡先 TEL:03−3580−5460(日比谷シティ法律事務所・根本)
詳細及びお申し込みは以下のチラシをご覧ください☆
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/181213kyousukibounenkai.pdf



■■■ 浦和分会主催 忘年会 ■■■

今年も残すところわずかとなりました。
日頃の疲れを忘れて、英気を養い、良い年を迎えましょう!
初めましての方も大歓迎です。
どうぞお気軽にご参加ください☆

法会労 浦和分会主催
・日 時 2018年12月18日(火) 18:30〜
・場 所 浦和酒店 楽多(JR浦和駅東口徒歩2分)
・参加費 4000円
・連絡先 浦和法律事務所 大出(TEL:048-833-4621)
詳細及びお申し込みは以下のチラシをご覧ください☆
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/181218urawabounenkai.pdf



■■■ 「本当は知らない法会労」 ■■■

今までなんとなく知っていたけど、あらためて聞かれると分からない組合についての疑問はありませんか?
これを機に今更聞けない組合に関するアレコレを全部聞いて、今までの疑問を全部解消!知ったかぶりは今日で卒業しましょう☆

法会労青年部主催
・日 時 2018年12月21日(金)
     19:00〜21:00
     ※途中参加、退出も大歓迎!
・場 所 法会労組合事務所
・講 師 浅野洋輔さん
・連絡先 青年部部長 大出真以(浦和法律事務所 048-833-4621)
詳細及びお申し込みは以下のチラシをご覧ください!
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/181221seinenbuhoukairou.pdf


■■上記,法会労関連の各企画への参加申し込みはオンラインでも申込可能です☆
組合員でない方のご参加も歓迎いたします!

法会労関連企画オンライン申込はこちら↓
https://houkairou-mail-magazine.com/script/mailform/kikakumousikomi


■■■ 日弁連能力認定制度研修 ■■■

2018年度日弁連能力認定制度研修の受講者募集中です。

日弁連主催の中央研修会、弁護士会研修会が今年度から【参加費無料】になりました。

詳しくは日弁連ホームページのお知らせをご参照下さい。
https://www.nichibenren.or.jp/news/year/2018/180821.html



■■■ 東京三会DVD研修会 ■■■

東京の三弁護士会では、三会持ち回りで、日弁連能力認定制度研修の過去のDVDを使用したDVD研修会を平日夜間に実施しています。

日弁連の今年度の研修会とは別科目で実施され、参加費は無料ですが、事前に申込みをして、メールアドレスを登録する必要があります。

詳しくは下記ご案内をご参照下さい
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/18sankaidvd.pdf



■■■ 東弁主催 事務員研修情報 ■■■

2018年度に開催される東京弁護士会主催の法律事務職員研修会の情報です。基礎講座と中級講座があります。講座の一覧は以下のURLからご確認ください。

基礎講座(PDF文書)↓
https://www.toben.or.jp/pdf/begginer.pdf

中級講座(PDF文書)↓
https://www.toben.or.jp/pdf/middle.pdf



______________________________________________________________________________

【事務員あるある】
______________________________________________________________________________

戸籍の調査で,【死亡日時】平成○年○月上旬頃とのアバウトな記載が怖い



______________________________________________________________________________

【業務に役立つ書籍紹介】
______________________________________________________________________________

■法律事務職員のための実務情報誌「法律事務」
「相続実務」
〜事務職員が関わる いろいろな相続手続き〜

相続とはなんぞや?ということから、預貯金等の金融資産や不動産をはじめとする様々な財産の換価や名義変更まで。
多岐にわたる相続実務を、事務職員目線で注意すべきポイントを中心にまとめました。
弁護士の急な指示にも対応できる参考書式も盛りだくさん。
事務職員の皆さんの実務に役立つ一冊です。
2018年1月発行
頒価1,000円(税込・送料別)
ご購入申込み及び詳細は以下の「法律事務」のページをご参照ください。
https://houzenren.com/houritujimu.html


■応用研修テキスト
応用1 訴訟以外の民事手続,裁判外手続
応用2 不動産競売,その他の民事執行
応用3 自己破産手続,個人再生手続
応用4 破産管財
応用5 成年後見
応用6 登記,供託,担保取消
応用7 民事訴訟の構造,弁護士倫理と事務職員倫理

実務に直結した普段の業務にも役立つ情報満載となっていてオススメです!
日弁連事務職員能力認定研修の【応用】研修のテキストとなっています。
発行者のご厚意でメルマガ読者割引をして頂いています☆
各1,250円+税(1,350円)→(割引)税込各1,215円!
【メルマガ読者限定割引チラシ】
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/jalapsyosekizenkan_merumagayou.pdf


■シリーズ 法律事務所職員のための
「家事事件申立ての実務」」
「法律事務職員のための訴額・管轄事例集」
メルマガ読者限定!割引あり☆
各1,600円+税→(割引)各1,500円(税込)
詳細と購入方法は以下URLからチラシをご確認ください(PDF文書)。
【メルマガ読者限定割引チラシ】
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/jalapsyosekizenkan_merumagayou.pdf


■「法律事務職員【基本】研修テキスト」
日弁連法律事務職員研修カリキュラムに沿った基本研修テキストとなっていますが,内容としては法律事務に役立つ実務書となっています。
上巻
第1編 民事訴訟と事務職員の役割組みと見方
第2編 民事執行総論・債権執行
第3編 民事保全・担保取消手続
第4編 債務整理・破産・個人再生
下巻
第5編 戸籍並びに登記簿の仕組みと見方
第6編 家事手続・人事訴訟
第7編 相続
第8編 刑事・少年事件・事務職員倫理
メルマガ読者割引あり!
各2,500円→(割引)各2,200円
詳細と購入方法は以下URLからチラシをご確認ください(PDF文書)。
【メルマガ読者限定割引チラシ】
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/jalapsyosekizenkan_merumagayou.pdf


■今日から弁護士秘書〜事務職員新人独習テキスト
法律事務員さんの日常業務のキホンのキをコンパクトな分量で解説しています。書籍版は200円で販売していますが,PDF版はなんと!無料で配布しています。
法律事務所用語集では「J庁」「赤い本・青い本」「Z折り」など初心者には「なんのこっちゃ?」な用語が集められています。
https://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/publication/book/secretary.html



______________________________________________________________________________

【今週の雑学知識】
______________________________________________________________________________

放映する映像のことをVTRというが,VTRとはvideotape recorder(ビデオテープレコーダー)の略



______________________________________________________________________________

【法会労って?】
______________________________________________________________________________

法会労(正式名称:法律会計特許一般労働組合)は,法律事務所など士業の事務所で働く事務員・秘書などでつくられている労働組合です。

法律事務所等で働く方であればどなたでも,ひとりでも入れる労組(ユニオン)です!


法会労の詳細はホームページをご覧ください。労働相談も随時受け付けております!
法会労ホームページ
http://www5a.biglobe.ne.jp/~houkairo/
オンライン相談申込フォームもあります↓
http://form1.fc2.com/form/?id=801887

法会労の紹介パンフレットはこちら↓
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/panfuhoukairou.pdf
組合員の女性が集う女性部のブログもあります↓
https://houkairou-joseibu.at.webry.info/
組合員の若手が集う青年部のブログもあります↓
https://blogs.yahoo.co.jp/seinenbu_hkr

______________________________________________________________________________

【バックナンバー関連情報】
相続法を改正する法律の施行期日が決まりました
______________________________________________________________________________

1980年以来,40年ぶりの大幅改正となります「民法 相続法の大幅改正」については,当メルマガで8回に分けてご紹介しました。

施行期日は,公布の日から1年以内に施行される別途政令で指定された日(但し,遺言書の方式緩和については平成31年1月13日から。また,配偶者の居住の権利については,公布の日から2年以内に施行。)とされ,いつ施行されるかが決まっていませんでした。

今般,平成30年11月21日付け政令(平成30年政令第316号)にて,施行期日が決まりましたのでお知らせします。時系列で一覧にすると以下のとおりです。

2019年1月13日 自筆証書遺言の要件緩和についての施行日
2019年7月1日  原則的な施行期日
2020年4月1日  配偶者居住権及び短期居住権についての施行日

自筆証書遺言の要件緩和については施行期日が既に決まっていましたが,もう2ヶ月弱で新民法が一部施行されるんですね。しっかり勉強しておきたいですね。

なお,これまた当メルマガで先日お知らせしました法務局で自筆証書遺言の遺言書を保管する制度についての法律の施行期日も政令(平成30年政令第317号)にて,決まりましたのでお知らせします。2020年7月10日に施行されます。
非常に興味深い制度ですので,また新しい情報が入り次第,ご紹介したいと思います!

相続法改正や自筆証書遺言の遺言書を法務局で預かる制度についてのバックナンバーはこちら↓

第283号【新法成立情報】法務局における遺言書の保管等に関する法律
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201807/article_4.html

第286号【法改正情報】民法 相続法の大幅改正 その1 配偶者の居住権
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201808/article_3.html

第287号【法改正情報】民法 相続法の大幅改正 その2 自筆証書遺言の要件緩和
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201809/article_1.html

第288号【法改正情報】民法 相続法の大幅改正 その3 相続された預貯金債権の仮払い制度
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201809/article_2.html

第289号【法改正情報】民法 相続法の大幅改正 その4 配偶者保護の方策 居住用不動産の特別受益 持戻し免除の意思表示の推定
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201809/article_3.html

第290号【法改正情報】民法 相続法の大幅改正 その5 遺留分減殺請求の効果の変更
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201809/article_4.html

第291号【法改正情報】民法 相続法の大幅改正 その6 遺言執行者についての規定
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201809/article_5.html

第292号【法改正情報】民法 相続法の大幅改正 その7 不動産を「相続させる」遺言の効力変更
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201810/article_1.html


(編集長)



______________________________________________________________________________

【ご意見・ご感想・ご質問は…編集部へ!】
______________________________________________________________________________

このメールマガジンへのご質問などは,以下のいずれかの方法で編集長に直接届きます。


■届いたメールマガジンに「返信」する
■編集部のメールアドレス:
houkairoumerumaga@gmail.com
にメールする

編集長のみが見て,返事もしていますので,どうぞお気軽にご連絡ください☆

今回の記事はいかがでしたか?
ご意見頂ければ幸いです☆

メルマガに関すること以外の法会労についてなどもお気軽にお問い合わせ下さい!

ご連絡お待ちしています☆



______________________________________________________________________________

【編集後記】
______________________________________________________________________________

当メルマガも配信300号になりましたので,昔の号を振り返ったりしました。
創刊号は平成24年11月16日に配信でしたので,6年前ということになります。
私の頭脳で演算処理をした結果,「私は6歳若かった」ということがはじき出されました。

6歳若かった私は創刊号で臘虎膃肭獣猟獲取締法についてお届けしました。
第1条に「臘虎又ハ膃肭獣ノ猟獲ヲ禁止又ハ制限スルコトヲ得」の内容を含む規定から始まるこの法律は,あまりに普段から馴染みが深すぎて誰も触れてこなかった裏をかき,果敢にも記事にして掲載するとの決断に至りました。

あまりにメジャーすぎて司法試験の科目にすら採用されていない臘虎膃肭獣猟獲取締法をお届けするとは,創刊当時,やはり私は若かったのだと思います。
たぶん今より6歳くらい若かったような気がします。

創刊号は3,000字程度の分量でした。その紙幅で臘虎膃肭獣猟獲取締法をお届けするという無謀な挑戦は,結果,更に裏をかき,この法律の読み方だけをご紹介するという荒業を繰り出しました。

メジャーな法律なのに読み方だけかよ!というお叱りを覚悟していましたが,幸い,一切お叱りを受けずに,むしろ,お叱りどころか一切誰からも何も触れられること無く時は過ぎ,6年の月日を数えました。

そしていい加減,みなさま「臘虎膃肭獣猟獲取締法」この読み方が気になって仕方がないものとおもいます。既にググった方もいたことでしょう。

「臘虎膃肭獣猟獲取締法」は,どうやら「らっこおっとせいりょうかくとりしまりほう」と読むらしいですよ(出典ウィキペディア)。
メジャーでも何でもありません。

ちなみに,らっこは陸上で捕獲してはいけないらしいですね(臘虎膃肭獣猟獲取締法施行規則第1条)。あの可愛らしい海でプカプカ昆布に巻き付いているイメージのらっこが陸上にいることがあるのをこの法律で知りました。

本号も最後までお読みいただきありがとうございます(^O^)


(編集長)



<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>
週刊 法律会計特許一般労働組合メールマガジン 編集部

お問い合わせ・配信停止などのご連絡は
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-9-1
電話 03-3255-9280
メール houkairoumerumaga@gmail.com
ホームページhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~houkairo/
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

編集長が共著している本
の宣伝(^_^;)

法律家のためのITマニュアル新訂版


法律家のためのスマートフォン活用術



法律事務所で働く
事務員向け書籍紹介コーナー

ご興味のある書籍はクリックにて詳細&購入先が表示されます!



法律事務職員のための訴額・管轄事例集



法律事務職員のための家事事件申立ての実務


■法律事務員のための

実務情報誌

「法律事務」

好評発売中!!

NEW


第46号
相続実務



第45号
民事事件に関する不服申立手続



第44号
執行のお仕事



第43号
成年後見の制度と実務


法律事務職員研修テキスト
【基本編】
上巻


【第301号】所有者不明土地の特措法が施行 仕事に関係ありそうなこと 法会労メールマガジン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる