法会労メールマガジン

アクセスカウンタ

zoom RSS 【第298号】労働法改正その2 年次有給休暇取得の義務化

<<   作成日時 : 2018/11/15 07:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*

週刊 法会労メールマガジン

*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*

毎週金曜日発行

2018年11月9日

【第298号】

法律事務所などで働く皆さんこんにちは☆
法会労メールマガジンです!

事務員大喜利の回答を募集していますが,全く集まっておりません(^o^;)
この事務員大喜利,いつも大好評!と枕詞のごとく書いていますが,実のところ好評なのか不評なのか定かではありません。

編集部では不評疑惑が持ち上がっています。
思い返してみれば,これまでも読み飛ばされがちと思われる誌上企画は次々と打ち切られてきました。

創刊当時は,このメルマガに愛称を付けようと呼びかけました。
しかし1本の回答もないままに早々に募集は打ち切られました。
結果,「法会労メールマガジン」という愛くるしさもへったくれもない,発行者名と発行媒体をつなげただけのド直球な名前のまま現在に至っています。

各地の裁判所に出向いた経験をシェアしよう!と呼びかけた「まわログ」も寄稿が続かず,企画が頓挫しています。
作品がほとんど集まらなかった「事務員川柳企画」も打ち切られました。
そして「事務員大喜利」も!?

いやいや!ちょっと待って!という方,是非,作品をご投稿ください☆
回答期限は11月16日にしました。

今回のお題は
【先輩もビックリ、新人事務員足早くんの特技とは?】
です。

詳細は【事務員大喜利】第3回 回答募集中のコーナーに記載しています。
もう今回のお題の趣旨は知ってるよ!という方は以下から回答しちゃいましょう!

■作品投稿フォーム
https://houkairou-mail-magazine.com/script/mailform/oogiri1


(編集長)


【追記】

法会労メールマガジン編集部でLINE公式アカウント取得しました。
最新の研修会のご案内や仕事に関する情報,本メルマガに関してのお知らせや事務員あるある・雑学知識・お役立ち過去記事等をお届けしたいと思っています。
よろしければ,友だち追加をお願いします☆
LINE ID:@kui8292p
アカウント名 法会労メールマガジン編集部
お知らせページはコチラ↓
https://houkairou-mail-magazine.com/?p=63&preview=true

Twitterのフォローお願いします☆
お知らせページはコチラ↓
https://houkairou-mail-magazine.com/?p=61&preview=true



______________________________________________________________________________

【今週の掲載記事】
______________________________________________________________________________

■お役立ち過去記事紹介

■お仕事体験談

■研修会等企画のご案内

■お仕事環境情報
労働法改正その2 年次有給休暇取得の義務化

■今週の雑学知識

■業務に役立つ書籍紹介

■法改正情報
民事執行法が改正見込み その1 財産開示制度の実効性の向上

■事務員あるある

■法会労って?

■編集後記



______________________________________________________________________________

【お役立ち過去記事紹介】
______________________________________________________________________________

エクセルで「セルの書式設定」を素早く表示する方法をご紹介しています。

第190号【エクセル小技】キータッチだけで「セルの書式設定」を一発表示
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201609/article_2.html



______________________________________________________________________________

【お仕事環境情報】
労働法改正その2 年次有給休暇取得の義務化
______________________________________________________________________________

みなさん有給休暇は取れていますか?聞くところによると事務所に勤め始めてから一度も有休を取得したことがない方がいらっしゃるとか。
ちなみに有給休暇については当メルマガでも何度か取り扱っていますので,基本的なところから押さえたい方は以下のバックナンバーをご確認ください。

第219号【小規模職場で“あるある”座談会】その2「有給休暇」
〜なるほど・ザ・労働基準法!!〜
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201704/article_1.html

第51号【特集記事】先生!その働かせ方はブラックでは?
〜年次有給休暇編〜
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201311/article_4.html

そして,先週からご紹介しています本年(2018年)6月末に成立した労働法の改正法について,今回は年次有給休暇(以下「有休」)取得の義務化についてご紹介します。

ちなみに前号は残業時間の上限規制についてご紹介しました。
バックナンバーはこちら↓
第297号【お仕事環境情報】労働法改正その1 残業時間の上限規制
でも,そもそも36協定ありますか?
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201811/article_2.html

既に数多く報道されていますのでみなさまご承知のこととは思いますが,今回の改正で年10日以上の有休を付与されている労働者に対して,使用者は,5日の有休を取得させることが労働基準法(以下「労基法」)上の義務となります(新労基法第39条第7項)。2019年4月1日から施行されます。

この有休5日というのは,使用者が労働者ごとにその時季を定めることにより与えなければならないとしています。基準日(勤続年数に応じた有休の付与日)から1年以内に与えなくてはなりません。

労働者が自主的に申し出て有休を5日以上取得するような場合には,この義務は発生しません。
従って,これまで年間5日以上の有休を問題なく取得していた方にはあまり影響がないかも知れませんが,これまで全く有休を取ったことがない方含め,年間5日に満たない有休しか取ることができなかった方には大いに影響はあるものでしょう。

この規定に違反した場合には,30万円以下の罰則が科され得ることになります(新労基法第120条)。

もしかすると,この改正法が施行される来年(2019年)4月1日以降に,要件を満たしているのに使用者(先生)から有休取得の時季指定がないようなことがあるかもしれません。また,ちょっと有休が取りにくくて…という方も含め法会労では随時ご相談を受け付けています。どうぞご遠慮なくご連絡ください☆


(編集長)



______________________________________________________________________________

【バックナンバー】
______________________________________________________________________________

【第295号】
■破産管財事件でミスしそうになった話 その1 こんなお仕事しています紹介/
■東京都の最低賃金額が10/1から985円に
まさか最低賃金未満ってことはないですよね?確認してみよう!
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201810/article_4.html

【第296号】
■破産管財事件でミスしそうになった話 その2 「破産管財の手引」に書かれていない地雷/
■裁判手続のIT化情報 最高裁が2019年度からウェブ会議導入方針
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201811/article_1.html

【第297号】
■労働法改正その1 残業時間の上限規制 でも,そもそも36協定ありますか?/
■事務員日常小話 『サスペンス劇場 刑事M』
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201811/article_2.html


294号以前も含め全てのバックナンバーは以下からご覧いただけます。
週刊!法会労メールマガジン バックナンバーブログ
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/



______________________________________________________________________________

【研修会等企画のご案内】
●●オンライン申し込み開設しています●●
______________________________________________________________________________

法会労関連企画オンライン申込はこちら↓
https://houkairou-mail-magazine.com/script/mailform/kikakumousikomi


■■■【本日!】会計学習会「消費税改悪で何が変わるの?」 ■■■

来年に迫った「消費税法改正」、実は消費税が2%増えるだけではありません。
一般消費者はもちろん、全事業者の負担となる事項が含まれています。
今回、経験豊富な税理士さんを講師に迎え、その具体的内容をお話しいただきます。
奮ってご参加ください。

法会労・経理センター労組 共催

・日 時 2018年11月9日(金)18:30〜20:40
・場 所 東上野区民会館 201集会室
・参加費 無料
お問い合せは…法会労組合事務所
電話番号 03−3255−9280
担当者名 阿部・国分
詳細及びお申し込みは以下のチラシをご覧ください☆
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/181109kaikeigakusyukai.pdf



■■■ 〜弁護士の仕事のすべて 2 〜 ■■■
民事事件のすべて「相談から解決まで」
〜新宿地域合同業務研修会〜

前回に続き、現役の弁護士さんを講師に迎えてお送りします。
今回は続編!実際の事案をもとに、より具体的に事件の相談から解決までをリアルにわかりやすく講義していただきます。2年未満の新人さんは参加費無料!
申込みの際は勤続年数のご記入をお忘れなく!
どなた様もお気軽にご参加下さい。

〜法会労東京法律分会、四谷分会、新宿分会主催〜
・日 時 2018年11月16日(金) 18:30〜20:30
・場 所 東京法律事務所
・参加費 200円(勤続2年未満の方は無料!)
・連絡先 林 電話 03−3355−0611
★詳細及びお申し込みは以下のチラシをご覧ください★
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/181116bengosisubete2.pdf



■■■ 法律事務所の接客・マナー講座 ■■■

毎年恒例となっている、法会労三多摩ブロックの秋企画。今回は「接客・マナー講座」です。
ベテラン事務員さんから、法律事務所でのマナーや気をつけることについてお話しいただき、その後、事務員さん同士で経験や「こういうときどうしてる?」をざっくばらんに交流していく予定です。
どなたでも参加できますので、一緒に学びましょう!

法会労三多摩ブロック主催
・日 時 2018年11月16日(金)18:30〜20:00
・場 所 立川市女性総合センター・アイム5階 第1会議室
・参加費 無料
・連絡先 高橋(八王子合同法律事務所 042-645-5151)
詳細及びお申し込みは以下のチラシをご覧ください☆
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/181116santamana-kouza.pdf



■■■ 労働事件「残業」研修会 ■■■

労働事件については,事件特有の専門用語・知識の理解が不可欠ですね。今回は労働事件の中でも「残業」に焦点を絞った研修会を開催します。
この機会に労働事件,特に残業について理解を深め,残業代計算等の事務対応をしっかりできるよう勉強しちゃいましょう!

法会労中部ブロック・旬報分会・京橋すきや分会主催
・日 時 2018年11月27日(火) 18:30〜
・場 所 旬報法律事務所9階会議室
・参加費 500円(資料代・法会労組合員は無料)
・連絡先 TEL:03−3580−5460(日比谷シティ法律事務所・根本)
詳細及びお申し込みは以下のチラシをご覧ください☆
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/181127zangyou.pdf



■■■ 「本当は知らない法会労」 ■■■

今までなんとなく知っていたけど、あらためて聞かれると分からない組合についての疑問はありませんか?
これを機に今更聞けない組合に関するアレコレを全部聞いて、今までの疑問を全部解消!知ったかぶりは今日で卒業しましょう☆

法会労青年部主催
・日 時 2018年12月21日(金)
     19:00〜21:00
     ※途中参加、退出も大歓迎!
・場 所 法会労組合事務所
・講 師 浅野洋輔さん
・連絡先 青年部部長 大出真以(浦和法律事務所 048-833-4621)
詳細及びお申し込みは以下のチラシをご覧ください!
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/181221seinenbuhoukairou.pdf


■■上記,法会労関連の各企画への参加申し込みはオンラインでも申込可能です☆
組合員でない方のご参加も歓迎いたします!

法会労関連企画オンライン申込はこちら↓
https://houkairou-mail-magazine.com/script/mailform/kikakumousikomi



■■■ 民法を学ぼう!「民法条文学習ゼミ」 ■■■

法律事務職員業務研修世話人会主催(JALAP、JALAP関東共催)で、10月から民法の研修会が継続的に開催されます。

来年以降施行される、相続法、債権法を中心に、その他の実務に関わる条文をゼミ形式で勉強しようという企画です。

日程は、第2回11月21日が決まっていますが、その後1か月に1回程度、約1年開催される予定です。

申込み方法その他詳しくは、下記ご案内をご参照下さい。
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/181024_1121minpouzemi.pdf

また法律事務職員業務研修世話人会のホームページからも申込みができます。
http://www.solajp.org/



■■■ 日弁連能力認定制度研修 ■■■

2018年度日弁連能力認定制度研修の受講者募集中です。

日弁連主催の中央研修会、弁護士会研修会が今年度から【参加費無料】になりました。

詳しくは日弁連ホームページのお知らせをご参照下さい。
https://www.nichibenren.or.jp/news/year/2018/180821.html



■■■ 東京三会DVD研修会 ■■■

東京の三弁護士会では、三会持ち回りで、日弁連能力認定制度研修の過去のDVDを使用したDVD研修会を平日夜間に実施しています。

日弁連の今年度の研修会とは別科目で実施され、参加費は無料ですが、事前に申込みをして、メールアドレスを登録する必要があります。

詳しくは下記ご案内をご参照下さい
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/18sankaidvd.pdf



■■■ 東弁主催 事務員研修情報 ■■■

2018年度に開催される東京弁護士会主催の法律事務職員研修会の情報です。基礎講座と中級講座があります。講座の一覧は以下のURLからご確認ください。

基礎講座(PDF文書)↓
https://www.toben.or.jp/pdf/begginer.pdf

中級講座(PDF文書)↓
https://www.toben.or.jp/pdf/middle.pdf



______________________________________________________________________________

【事務員大喜利】
第3回 回答募集中!
______________________________________________________________________________

事務員大喜利の第3回のお題に対する回答を募集しています。

今回のお題は,法会労組合員であれば誰でも知っている4コマ漫画「法律事務所な日々」とのコラボレーション企画です。

「法律事務所な日々」とは,法会労の組合機関紙「ちからこぶ」に掲載されている面白可笑しな法律事務所の日常を描いた4コマ漫画作品です。
こんなです↓
【4コマ漫画】法律事務所な日々 「速達」
http://houkairou-mail-magazine.com/houhibi_sokutatu.html

「法律事務所な日々」に登場する以下の事務所の概要やキャラクターを前提にご回答を構想いただければと思います。

■事務所の概要
飛脚法律事務所
弁護士1人
事務員3人
設立7年
特色:典型的な個人事務所

■キャラクター
□弁護士:忘田忘男(わすれだわすれお)先生
飛脚法律事務所のプライド高きボス。
ちょっと抜けてるけど仕事はしっかり…のはず。
真面目な顔をして期日を忘れる。
法律のプロではあるが,専門外の分野では奇っ怪な行動が散見される。

□事務員:足早逃(あしばやにげる)くん
新人事務員さん。
まだ学生気分が抜けないのか生意気でいい加減なところがある。
うっかりミスが致命傷になりかねないが,周囲のサポートと類まれなる強運に助けられ今日も仕事に精を出す。

□事務員:先輩女性職員2名(山田さん外1名)
ベテラン事務員さん。
忘田先生と足早くん,どことなく似た二人に常にツッコミを入れることでサポートしているしっかり者な2人。
この2人がいるからこそ事務所は回っているといっても過言ではない。

第3回のお題は
【先輩もビックリ、新人事務員足早くんの特技とは?】
です。

きっと「法律事務所な日々」を知っている方もご存じない方も答えやすいのではないかと思います。
是非,愉快なご回答をどしどしお寄せください!
回答期限は【11月16日】としたいと思います。

下記URLの作品投稿フォームまたはこのメールへの返信で作品をお寄せください。
みなさまのご投稿を心よりお待ちしております!

■作品投稿フォーム
https://houkairou-mail-magazine.com/script/mailform/oogiri1

■メール返信の場合
回答:
ペンネーム:
お名前(本名・フルネーム・任意):
ご意見・ご感想・メッセージ(任意):
をご明記の上,ご投稿ください。


(編集部)



______________________________________________________________________________

【今週の雑学知識】
______________________________________________________________________________

日弁連の副会長の人数は15人

(日弁連会則第56条1項)



______________________________________________________________________________

【業務に役立つ書籍紹介】
______________________________________________________________________________

■法律事務職員のための実務情報誌「法律事務」
「相続実務」
〜事務職員が関わる いろいろな相続手続き〜

相続とはなんぞや?ということから、預貯金等の金融資産や不動産をはじめとする様々な財産の換価や名義変更まで。
多岐にわたる相続実務を、事務職員目線で注意すべきポイントを中心にまとめました。
弁護士の急な指示にも対応できる参考書式も盛りだくさん。
事務職員の皆さんの実務に役立つ一冊です。
2018年1月発行
頒価1,000円(税込・送料別)
ご購入申込み及び詳細は以下の「法律事務」のページをご参照ください。
https://houzenren.com/houritujimu.html


■応用研修テキスト
応用1 訴訟以外の民事手続,裁判外手続
応用2 不動産競売,その他の民事執行
応用3 自己破産手続,個人再生手続
応用4 破産管財
応用5 成年後見
応用6 登記,供託,担保取消
応用7 民事訴訟の構造,弁護士倫理と事務職員倫理

実務に直結した普段の業務にも役立つ情報満載となっていてオススメです!
日弁連事務職員能力認定研修の【応用】研修のテキストとなっています。
発行者のご厚意でメルマガ読者割引をして頂いています☆
各1,250円+税(1,350円)→(割引)税込各1,215円!
【メルマガ読者限定割引チラシ】
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/jalapsyosekizenkan_merumagayou.pdf


■シリーズ 法律事務所職員のための
「家事事件申立ての実務」」
「法律事務職員のための訴額・管轄事例集」
メルマガ読者限定!割引あり☆
各1,600円+税→(割引)各1,500円(税込)
詳細と購入方法は以下URLからチラシをご確認ください(PDF文書)。
【メルマガ読者限定割引チラシ】
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/jalapsyosekizenkan_merumagayou.pdf


■「法律事務職員【基本】研修テキスト」
日弁連法律事務職員研修カリキュラムに沿った基本研修テキストとなっていますが,内容としては法律事務に役立つ実務書となっています。
上巻
第1編 民事訴訟と事務職員の役割組みと見方
第2編 民事執行総論・債権執行
第3編 民事保全・担保取消手続
第4編 債務整理・破産・個人再生
下巻
第5編 戸籍並びに登記簿の仕組みと見方
第6編 家事手続・人事訴訟
第7編 相続
第8編 刑事・少年事件・事務職員倫理
メルマガ読者割引あり!
各2,500円→(割引)各2,200円
詳細と購入方法は以下URLからチラシをご確認ください(PDF文書)。
【メルマガ読者限定割引チラシ】
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/jalapsyosekizenkan_merumagayou.pdf


■今日から弁護士秘書〜事務職員新人独習テキスト
法律事務員さんの日常業務のキホンのキをコンパクトな分量で解説しています。書籍版は200円で販売していますが,PDF版はなんと!無料で配布しています。
法律事務所用語集では「J庁」「赤い本・青い本」「Z折り」など初心者には「なんのこっちゃ?」な用語が集められています。
https://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/publication/book/secretary.html



______________________________________________________________________________

【法改正情報】
民事執行法改正見込み その1 財産開示制度の実効性の向上
______________________________________________________________________________

法制審(法制審議会・法務大臣の諮問機関)が民事執行法の改正要綱を,2018年10月4日,答申しました。

この要綱においては,私たちの仕事でよくある「判決取ったは良いけど押さえるものがない…」に対して,財産開示制度の実効性強化の方策や第三者から債務者財産に関する情報を取得する制度の新設等が盛り込まれており,私たちの仕事にも大いに影響がありそうです。

今後,国会にこの要綱をベースに法案が提出され可決されれば,遠からず改正が見込まれます。
今回から2回の予定で要綱の概要をご紹介したいと思います。
今回は財産開示制度の実効性の強化についてです。

債務者の有している財産を開示させる財産開示制度は,平成15年の民事執行法改正により創設されましたが,実効性に問題があり,平成29年の全国の裁判所での利用件数は686件(ちなみに比較で,債権執行の事件数は119,289件)に過ぎず,あまり利用されていない実態があります。

私も財産開示の手続きをしたことがありますが,これでちゃんと差押えができた試しはありません。

今般,法制審が答申した要綱では,以下のような財産開示制度が改正される方向となっています。

■申立に必要とされる債務名義の拡大
現行法では,仮執行宣言付きの判決等,執行証書又は確定判決と同一の効力を有する支払督促については,これに基づいて財産開示手続の実施を申し立てることを認めていません(民事執行法第197条第1項柱書き)でしたが,「いずれの種類の債務名義についても,財産開示手続の申立てをすることができるようにする」としています。

■罰則の強化
現行法では,開示義務者が出頭しなかったり陳述を拒絶したような場合には,30万円以下の過料に処することとしています(民事執行法第206条第1項)。
しかし,実際のところ,財産開示事件の既済事件に占める不開示事件(開示義務者の不出頭や陳述拒絶等)の割合は,平成27年には41.2%にもなっています。
また,多額の債務を負っている債務者であれば,30万円の過料を支払ったほうが安く済むケースもあると考えられます。
今回の要綱では罰則を強化するものとするとの答申がされています。

以上,具体的な改正内容は,立法作業・法案提出・国会審議を経てからですが,現時点ではこのような方向になっています。
次回は第三者から債務者財産に関する情報を取得する制度の新設についてご紹介したいと思います。


(編集長)



______________________________________________________________________________

【事務員あるある】
______________________________________________________________________________

仕事が終わりパソコンの電源を切ったタイミングで電話が鳴り,結局パソコンを再起動する



______________________________________________________________________________

【法会労って?】
______________________________________________________________________________

法会労(正式名称:法律会計特許一般労働組合)は,法律事務所など士業の事務所で働く事務員・秘書などでつくられている労働組合です。

法律事務所等で働く方であればどなたでも,ひとりでも入れる労組(ユニオン)です!


法会労の詳細はホームページをご覧ください。労働相談も随時受け付けております!
法会労ホームページ
http://www5a.biglobe.ne.jp/~houkairo/
オンライン相談申込フォームもあります↓
http://form1.fc2.com/form/?id=801887

法会労の紹介パンフレットはこちら↓
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/panfuhoukairou.pdf
組合員の女性が集う女性部のブログもあります↓
https://houkairou-joseibu.at.webry.info/
組合員の若手が集う青年部のブログもあります↓
https://blogs.yahoo.co.jp/seinenbu_hkr



______________________________________________________________________________

【ご意見・ご感想・ご質問は…編集部へ!】
______________________________________________________________________________

このメールマガジンへのご質問などは,以下のいずれかの方法で編集長に直接届きます。


■届いたメールマガジンに「返信」する
■編集部のメールアドレス:
houkairoumerumaga@gmail.com
にメールする

編集長のみが見て,返事もしていますので,どうぞお気軽にご連絡ください☆

今回の記事はいかがでしたか?
ご意見頂ければ幸いです☆

メルマガに関すること以外の法会労についてなどもお気軽にお問い合わせ下さい!

ご連絡お待ちしています☆



______________________________________________________________________________

【編集後記】
______________________________________________________________________________

みなさんはイタズラ好きですか?
私は好きです。

イタズラというと私たちの業界では犯罪系のあれもありますが,もっと単純な悪ふざけ,人を担ぐことです。

私が学生の頃は,いろいろやりました。ご迷惑をおかけしました友人・知人・関係者のみなさまこの場を借りてお詫び申し上げます。
その中で,カワイイものではこんなことをしました。

飲食店では,よく行列対策で,「お名前を書いてお待ち下さい」と書いてある紙が置いてあることありますね。

まぁそれに名前を書くこと自体は良いのですが,ひらがなで書けとか順番は人数により前後することがあるとか何とか書いてあると,ついつい天の邪鬼な心が疼きます。

まぁ書くのは本名書かなくても良いよね?それが,あり得ない名前だったら…果たしてそのとおり読んでくれるのか?といった興味が湧いてしまうんですね。
では,私の名前「根本」に一字足して「ねもとう」と書いたらどうなるか?
書いてみました。

私たちは普段,ひらがなで名前が書いてあっても何となく頭の中では漢字に変換していたりするものではないでしょうか。
果たして「ねもとう」ってどんな漢字書くのか?店員さんはきっと気になるはずです。

おそらく「2名でお待ちのー 根本…う?様」と尻すぼまり自信なさげな呼ばれ方をするかな?と想像していました。

そしていよいよ「ねもとう」の順番。
店員さん,順番表を見ています。

「2名でお待ちのー ねもとぅー様 ねもとぅー様」
躊躇のかけらもなく物凄く元気の良い声で呼ばれます。
おいおい「ねもとぅー」ってどんな名前だよ。

ぜひ漢字をお聞きしたかったのですが,いかんせん自分の名前の漢字を尋ねるのもおかしな話です。
「ねもとぅー様」と呼ばれ続けるのも恥ずかしいので「ねもとぅ」であることを申し出て席に案内してもらいました。

完全にイタズラの返り討ちでしたね。
予想外のことが起こる,それもイタズラの醍醐味でもあります。

本号も最後までお読みいただきありがとうございます(^O^)


(編集長)



<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>
週刊 法律会計特許一般労働組合メールマガジン 編集部

お問い合わせ・配信停止などのご連絡は
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-9-1
電話 03-3255-9280
メール houkairoumerumaga@gmail.com
ホームページhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~houkairo/
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

編集長が共著している本
の宣伝(^_^;)

法律家のためのITマニュアル新訂版


法律家のためのスマートフォン活用術



法律事務所で働く
事務員向け書籍紹介コーナー

ご興味のある書籍はクリックにて詳細&購入先が表示されます!



法律事務職員のための訴額・管轄事例集



法律事務職員のための家事事件申立ての実務


■法律事務員のための

実務情報誌

「法律事務」

好評発売中!!

NEW


第46号
相続実務



第45号
民事事件に関する不服申立手続



第44号
執行のお仕事



第43号
成年後見の制度と実務


法律事務職員研修テキスト
【基本編】
上巻


【第298号】労働法改正その2 年次有給休暇取得の義務化 法会労メールマガジン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる