法会労メールマガジン

アクセスカウンタ

zoom RSS 【第294号】労基法三の続な〜るほど・ザ 労働基準法!その3『法定労働時間と所定労働時間』の巻

<<   作成日時 : 2018/10/18 08:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*

週刊 法会労メールマガジン

*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*

毎週金曜日発行

2018年10月12日

【第294号】

法律事務所などで働く皆さんこんにちは☆
法会労メールマガジンです!

先週号の当メルマガでご寄稿いただいた収入印紙のデザイン変更の記事をお届けしました。
収入印紙は私たちの業界では馴染みが深いものですね。訴状や裁判所に出す申請書等によくペタペタ貼っています。
今年の7月1日から変更になっていた新デザインの収入印紙には興味津々だったのではないかと思います。

見た目の印象が大きく変わりましたからね。
まさかデザイン変更にこの記事を読むまで気付かなかった方はいないですよね?まさかね。

少なくとも私は,一昨日,1,000円の収入印紙を買った際に,見た目の印象が変わった印紙を2度見するまでデザイン変更に気付きませんでした。
改めて配信済みの記事も2度見したことは言うまでもありません。

バックナンバーはこちらです↓
第293号【お仕事ミニ情報】収入印紙のデザインが変更になりました
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201810/article_2.html


(編集長)


【追記】

法会労メールマガジン編集部でLINE公式アカウント取得しました。
最新の研修会のご案内や仕事に関する情報,本メルマガに関してのお知らせや事務員あるある・雑学知識・お役立ち過去記事等をお届けしたいと思っています。
よろしければ,友だち追加をお願いします☆
LINE ID:@kui8292p
アカウント名 法会労メールマガジン編集部
お知らせページはコチラ↓
https://houkairou-mail-magazine.com/?p=63&preview=true

Twitterのフォローお願いします☆
お知らせページはコチラ↓
https://houkairou-mail-magazine.com/?p=61&preview=true



______________________________________________________________________________

【今週の掲載記事】
______________________________________________________________________________

■お役立ち過去記事紹介

■労基法三の続な〜るほど・ザ 労働基準法!
その3『法定労働時間と所定労働時間』の巻

■研修会等企画のご案内

■事務員大喜利 第2回作品発表
評点獲得作品 発表 作品No.4・5
次点作品その1〜3

■今週の雑学知識

■業務に役立つ書籍紹介

■お仕事ミニ情報
地図証明書・各種図面証明書のレイアウト変更

■事務員あるある

■法会労って?

■編集後記



______________________________________________________________________________

【お役立ち過去記事紹介】
______________________________________________________________________________

エクセルで時間の入力をより素早くする方法をご紹介しています。

第185号【エクセル小技】時間を素早く入力する方法
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201607/article_5.html



______________________________________________________________________________

労基法三の【続 な〜るほど・ザ 労働基準法!】
その3『法定労働時間と所定労働時間』の巻
______________________________________________________________________________

私たちが働く際の基本的なルールを定めている労働基準法。
天の声「労基法三(ろうきほうざん)」さんが,そのずば抜けた労働関係法規の知識と苦手な英語を駆使して労働関係の法律の知識をやさしく解説してくれる「な〜るほど・ザ 労働基準法!」シリーズ。
これまでには以下のようなお話をお届けしました。

第278号【続 な〜るほど・ザ 労働基準法!】
その1『労働条件の明示』の巻
http://houkairou-merumaga.at.webry.info/201806/article_3.html

第285号【続 な〜るほど・ザ 労働基準法!】
その2『賃金支払5原則』の巻
http://houkairou-merumaga.at.webry.info/201808/article_2.html

シリーズ【小規模職場で“あるある”座談会】
その1「休憩」↓
http://houkairou-merumaga.at.webry.info/201702/article_4.html
その2「有給休暇」↓
http://houkairou-merumaga.at.webry.info/201704/article_1.html
その3「残業代」↓
http://houkairou-merumaga.at.webry.info/201707/article_2.html
その4「産休」↓
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201712/article_4.html

今回は,「労働時間」についてご紹介いただきます。

______________________________________________________________________________

ごきげんよう。労基法三じゃ。さて,第3回目の今回の術は,以前本紙の座談会でもチラっと小出しにした労働時間についてじゃ。しつこいと思っておるそこのお主!しつこいくらいがちょうど良いんじゃ。
ではまずは【法定労働時間】を労働基準法(労基法)から見てみようぞ。

★労基法第32条
使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない
2 使用者は、一週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き一日について八時間を超えて、労働させてはならない

例えば,職場Aは,週休2日制で週5日間働く。始業午前9時,終業午後6時(内1時間は休憩時間)と勤務時間を定めている。これを職場Aの【所定労働時間】という。職場Aの所定労働時間は1日8時間となる。

従って週5日間勤務で1日8時間であれば,1週間40時間の法定労働時間をフルに使い果たすという計算じゃ。よって,職場Aには当然土曜日に割り振る労働時間の余りは法律上ないんじゃから,週休2日制は当然なんじゃ。

逆にどうしても土曜勤務が必要な場合は,週5日間の労働時間を減らし,その減った時間を土曜勤務に充てるということになるわけじゃ。

所定労働時間とは個々の職場で決められた労働者が働く時間のことじゃが,これは,通常,就業規則や雇用契約書に明示されておる。
要はこの所定労働時間が法定労働時間の基準を超えていなければ労基法違反とはならんのじゃが,法定労働時間は「これ以下の基準で働かせてはダメじゃぞ!」という最低限度の基準を定めたにすぎん。

現にワシの知っておる多くの職場が,1日の労働時間は8時間(内,1時間は休憩時間・実働7時間)でさらに週休2日制という所定労働時間を備えておるぞ。よって労基法よりも高い基準での条件で働けるよう労使間で決定し実行することが望ましいぞ。

というわけで,所定労働時間と法定労働時間,理解してもらえたかのぉ。

次回は時間外労働や休日労働の規定についてじゃ。労働者に優しい寛大な規定になっておるんだろう…などと想像を張り巡らせてしまったそこのお主!甘い!超甘い!おしるこをすすりながらマロングラッセを食うくらい甘いぞ!とにかくこの話は次回を待たれよ。待って鼻緒の尾をしめるんじゃ(意味不明)。
ということで本日はこれにて終了! 〜 SEE YOU SOON 〜


(労基法三)



______________________________________________________________________________

【バックナンバー】
______________________________________________________________________________

【第291号】
■民法【法改正情報】 相続法の大幅改正 その6 遺言執行者についての規定/
■お仕事ミニ情報 成年後見等開始申立ほかで,戸籍と住民票の範囲が変更
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201809/article_5.html

【第292号】
■民法 相続法の大幅改正 その7 不動産を「相続させる」遺言の効力変更/
■後見制度支援信託と同様の預金が運用スタート
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201810/article_1.html

【第293号】
■民法 相続法の大幅改正 その8 相続人以外の者の貢献を考慮するための方策/
■収入印紙のデザインが変更になりました
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201810/article_2.html


290号以前も含め全てのバックナンバーは以下からご覧いただけます。
週刊!法会労メールマガジン バックナンバーブログ
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/



______________________________________________________________________________

【研修会等企画のご案内】
●●オンライン申し込み開設しています●●
______________________________________________________________________________

法会労関連企画オンライン申込はこちら↓
https://houkairou-mail-magazine.com/script/mailform/kikakumousikomi

■■■ お楽しみ企画 柴又を遊びつくそう! ■■■

寅さんの新作映画が製作されるという今日このごろ。
せっかくだから柴又に行って遊びつくしちゃおう。
途中で分かれて再合流!どちらにしますか?

(1)老舗の和菓子屋さんで和菓子作りを体験※通常4000円のところ、今回は特別に2000円で体験できます
(2)寅さん資料館で寅さんの世界を満喫
※和菓子ルート希望の方は必ず10月12日までにお申込みをお願いします。

法会労 主催
・日 時  2018年10月20日(土) 11:00集合
・場 所 柴又駅 寅さん像前
・参加費 施設利用料 詳しくはチラシをご覧ください
・連絡先 旬報法律事務所 緑川(TEL:03−3580−5311)

詳細及びお申し込みは以下のチラシをご覧ください☆
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/181020shibamata.pdf



■■■ 60歳以上の雇用を考える交流会 ■■■ 
どうする?どうなる?定年後再雇用!

多くの職場で、60歳以上の雇用に直面していますが、制度等は
職場によってバラバラです…
そこで、今年も定年後の再雇用について交流会を行います!
他事務所での再雇用制度や色々な疑問をみんなで交流しますので、
お気軽にご参加下さい!

業種政策検討委員会主催
・日 時 2018年10月26日(金) 18:30〜20:30
・場 所 法会労組合事務所
詳細及びお申し込みは以下のチラシをご覧ください☆
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/181026saikoyoukouryukai.pdf



■■■ 未来を花束にして 〜秋の女子会的映画鑑賞会〜 ■■■

1910年代のイギリスで女性参政権を求めて闘った女性たちの姿を描いた作品。
秋の夜長。軽食を食べながら、元気の出る映画を一緒に観ませんか?
お待ちしています。

法会労女性部主催
・日 時 2018年10月31日(水)18:45〜20:30(18:30開場)
・場 所 組合事務所
・参加費 300円(軽食出ます)
飲み物は各自持参ください。

連絡先
女性部部長 佐瀬
(日比谷シティ法律事務所 03−3580−5460)
女性部メール→  houkairoujoseibu@gmail.com
詳細及びお申し込みは以下のチラシをご覧ください☆
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/181031jyoseibueiga.pdf



■■■ 〜弁護士の仕事のすべて 2 〜 ■■■
民事事件のすべて「相談から解決まで」
〜新宿地域合同業務研修会〜

前回に続き、現役の弁護士さんを講師に迎えてお送りします。
今回は続編!実際の事案をもとに、より具体的に事件の相談から解決までを
リアルにわかりやすく講義していただきます。2年未満の新人さんは参加費無料!
申込みの際は勤続年数のご記入をお忘れなく!
どなた様もお気軽にご参加下さい。

〜法会労東京法律分会、四谷分会、新宿分会主催〜
・日 時 2018年11月16日(金) 18:30〜20:30
・場 所 東京法律事務所
・参加費 200円(勤続2年未満の方は無料!)
・連絡先 林 電話 3355−0611
★詳細及びお申し込みは以下のチラシをご覧ください★
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/181116bengosisubete2.pdf



■■上記,法会労関連の各企画への参加申し込みはオンラインでも申込可能です☆
組合員でない方のご参加も歓迎いたします!

法会労関連企画オンライン申込はこちら↓
https://houkairou-mail-magazine.com/script/mailform/kikakumousikomi



■■■ 民法を学ぼう!「民法条文学習ゼミ」 ■■■

法律事務職員業務研修世話人会主催(JALAP、JALAP関東共催)で、10月から民法の研修会が継続的に開催されます。

来年以降施行される、相続法、債権法を中心に、その他の実務に関わる条文をゼミ形式で勉強しようという企画です。

日程は、第1回10月24日、第2回11月21日が決まっていますが、その後1か月に1回程度、約1年開催される予定です。

申込み方法その他詳しくは、下記ご案内をご参照下さい。
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/181024_1121minpouzemi.pdf

また法律事務職員業務研修世話人会のホームページからも申込みができます。
http://www.solajp.org/



■■■ 法全連 全国交流会 ■■■

法律事務員全国連絡会(法全連)の毎年恒例全国交流会が今年は京都で開催されます。
法全連は「ひとりぼっちの事務員をさんをなくそう」を合言葉に1971年に結成されました。
全国の法律事務所の事務員2000名超が会員になっています。
団体についての詳細は法全連のホームページをご参照ください☆
法全連ホームページ「法全連ってなに?」
https://houzenren.com/introduction.html

全国交流会の内容
・日 程 2018年11月23日(金・祝)〜11月24日
・場 所 
(全体会・分散会) ラボール京都(京都労働者総合会館)
(懇親会) WITH YOU
・テーマ 法律事務所のセキュリティ 〜 どうまもる ? 人 と 情報 〜
・参加申込締切 【10月31日】
詳細及び参加のお申し込みは以下のURLをご覧ください☆
https://houzenren.com/report.html



■■■ 日弁連能力認定制度研修 ■■■

2018年度日弁連能力認定制度研修の受講者募集中です。

日弁連主催の中央研修会、弁護士会研修会が今年度から【参加費無料】になりました。

詳しくは日弁連ホームページのお知らせをご参照下さい。
https://www.nichibenren.or.jp/news/year/2018/180821.html



■■■ 東京三会DVD研修会 ■■■

東京の三弁護士会では、三会持ち回りで、日弁連能力認定制度研修の過去のDVDを使用したDVD研修会を平日夜間に実施しています。

日弁連の今年度の研修会とは別科目で実施され、参加費は無料ですが、事前に申込みをして、メールアドレスを登録する必要があります。

詳しくは下記ご案内をご参照下さい
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/18sankaidvd.pdf



■■■ 東弁主催 事務員研修情報 ■■■

2018年度に開催される東京弁護士会主催の法律事務職員研修会の情報です。基礎講座と中級講座があります。講座の一覧は以下のURLからご確認ください。

基礎講座(PDF文書)↓
https://www.toben.or.jp/pdf/begginer.pdf

中級講座(PDF文書)↓
https://www.toben.or.jp/pdf/middle.pdf



______________________________________________________________________________

【事務員大喜利 第2回作品発表】
評点獲得作品 発表 作品No.4・5
次点作品その1〜3
______________________________________________________________________________

先日第2回のお題を発表し,9月末で回答(作品)のご投稿を締め切りました。
全部で19作品を拝受致しました。
ご投稿くださったみなさま,どうもありがとうございます!

前回から評点を獲得した作品をご紹介しています。
前号のバックナンバーはこちら↓
【第293号】
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201810/article_2.html

今回の審査結果では19作品中10作品が評点(面白さの程度に応じて1点:ふっ,2点:ふふ,3点:はは)を得ました。

ほか,今回は残念ながら評点ゲットとならなかった作品(次点作品)もご紹介したいと思います。

今回は評点を得た作品を2つと次点作品3つをご紹介します。

■作品No.4
【まめ】さんの作品

メルマガ地裁のオオギリ食堂、うわさの裏メニューとは?

「裁判員サワー『評決』」

評点:1

審査委員長のコメント:評決レモンや評決シャルドネもあるようです。
どこかで見たようなサワーですね。ダジャレですけどね。


■作品No.5
【福神 漬け太】さんの作品

メルマガ地裁のオオギリ食堂、うわさの裏メニューとは?

「カツかもカレー」

評点:1

審査委員長のコメント:カツカレーだと思って注文したら,カツでないかも知れない何かが提供される…そのドキドキ,裏メニュー。


■次点作品その1
【日常茶判事】さんの作品

メルマガ地裁のオオギリ食堂、うわさの裏メニューとは?

「ジャッジ麺」

審査委員長のコメント:JUDGE MENにかけたダジャレでしょうか?もしくはJudgment(ジャッジメント)=判決?
「裏」感がないのですみません次点です。


■次点作品その2
【なかFP】さんの作品

メルマガ地裁のオオギリ食堂、うわさの裏メニューとは?

「勝訴オムライス」

審査委員長のコメント:ゲン担ぎもいいですね。「裏」にしなくてよいメニューなので,ポイントなしとしました。


■次点作品その3
【酔いどれセカンド】さんの作品

メルマガ地裁のオオギリ食堂、うわさの裏メニューとは?

「提訴と保全と執行の三色丼、汗だくで」

審査委員長のコメント:その3つが入った丼で斃れる人続出。味付けの基本は事務員の流した汗。って誰も食べないですね。ちょっと食堂のメニュー感が無いので次点ですみません。


(編集部)



______________________________________________________________________________

【今週の雑学知識】
______________________________________________________________________________

最高裁判所発足後,初めて法廷が開かれた日は,1947年10月1日



______________________________________________________________________________

【業務に役立つ書籍紹介】
______________________________________________________________________________

■法律事務職員のための実務情報誌「法律事務」
「相続実務」
〜事務職員が関わる いろいろな相続手続き〜

相続とはなんぞや?ということから、預貯金等の金融資産や不動産をはじめとする様々な財産の換価や名義変更まで。
多岐にわたる相続実務を、事務職員目線で注意すべきポイントを中心にまとめました。
弁護士の急な指示にも対応できる参考書式も盛りだくさん。
事務職員の皆さんの実務に役立つ一冊です。
2018年1月発行
頒価1,000円(税込・送料別)
ご購入申込み及び詳細は以下の「法律事務」のページをご参照ください。
https://houzenren.com/houritujimu.html


■応用研修テキスト
応用1 訴訟以外の民事手続,裁判外手続
応用2 不動産競売,その他の民事執行
応用3 自己破産手続,個人再生手続
応用4 破産管財
応用5 成年後見
応用6 登記,供託,担保取消
応用7 民事訴訟の構造,弁護士倫理と事務職員倫理

実務に直結した普段の業務にも役立つ情報満載となっていてオススメです!
日弁連事務職員能力認定研修の【応用】研修のテキストとなっています。
発行者のご厚意でメルマガ読者割引をして頂いています☆
各1,250円+税(1,350円)→(割引)税込各1,215円!
【メルマガ読者限定割引チラシ】
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/jalapsyosekizenkan_merumagayou.pdf


■シリーズ 法律事務所職員のための
「家事事件申立ての実務」」
「法律事務職員のための訴額・管轄事例集」
メルマガ読者限定!割引あり☆
各1,600円+税→(割引)各1,500円(税込)
詳細と購入方法は以下URLからチラシをご確認ください(PDF文書)。
【メルマガ読者限定割引チラシ】
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/jalapsyosekizenkan_merumagayou.pdf


■「法律事務職員【基本】研修テキスト」
日弁連法律事務職員研修カリキュラムに沿った基本研修テキストとなっていますが,内容としては法律事務に役立つ実務書となっています。
上巻
第1編 民事訴訟と事務職員の役割組みと見方
第2編 民事執行総論・債権執行
第3編 民事保全・担保取消手続
第4編 債務整理・破産・個人再生
下巻
第5編 戸籍並びに登記簿の仕組みと見方
第6編 家事手続・人事訴訟
第7編 相続
第8編 刑事・少年事件・事務職員倫理
メルマガ読者割引あり!
各2,500円→(割引)各2,200円
詳細と購入方法は以下URLからチラシをご確認ください(PDF文書)。
【メルマガ読者限定割引チラシ】
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/jalapsyosekizenkan_merumagayou.pdf


■今日から弁護士秘書〜事務職員新人独習テキスト
法律事務員さんの日常業務のキホンのキをコンパクトな分量で解説しています。書籍版は200円で販売していますが,PDF版はなんと!無料で配布しています。
法律事務所用語集では「J庁」「赤い本・青い本」「Z折り」など初心者には「なんのこっちゃ?」な用語が集められています。
https://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/publication/book/secretary.html



______________________________________________________________________________

【お仕事ミニ情報】
地図証明書・各種図面証明書のレイアウト変更
______________________________________________________________________________

非常に細かな変更なので,ご紹介に及ばないのでは?との疑問もありましたが,気づく方は気づくかと思いますので,念のため,ご紹介します。

法務局では,不動産登記の地図証明書(不動産登記法第14条1項地図と公図)と図面証明書(土地所在図・地積測量図・地役権図面・建物図面及び各階平面図)を取ることができます。

従来は,これらの証明書を取ると,主には用紙の短辺には余白がほとんどない状態で交付されていましたが,今般,ISO(国際標準化機構)が定める用紙の余白の規格(周囲10mm余白確保,短辺左端のみとじ代として+10mm余白確保(合計20mm))に適合するようレイアウトが変更されることとなりました。

ほんとに細かな変更なので,見本を見たほうが早いかと思います。
以下に証明書の見本が掲載されていますので,ご興味がありましたらご参照ください。

地図証明書の変更後・変更前見本(法務省ホームページ・PDF文書)
http://www.moj.go.jp/content/001267643.pdf

図面証明書の変更後・変更前見本(法務省ホームページ・PDF文書)
http://www.moj.go.jp/content/001270510.pdf


(編集長)



______________________________________________________________________________

【事務員あるある】
______________________________________________________________________________

手書きでメモした電話番号,0と書いたのか6と書いたのか自問自答する



______________________________________________________________________________

【法会労って?】
______________________________________________________________________________

法会労(正式名称:法律会計特許一般労働組合)は,法律事務所など士業の事務所で働く事務員・秘書などでつくられている労働組合です。

法律事務所等で働く方であればどなたでも,ひとりでも入れる労組(ユニオン)です!


法会労の詳細はホームページをご覧ください。労働相談も随時受け付けております!
法会労ホームページ
http://www5a.biglobe.ne.jp/~houkairo/
オンライン相談申込フォームもあります↓
http://form1.fc2.com/form/?id=801887

法会労の紹介パンフレットはこちら↓
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/panfuhoukairou.pdf
組合員の女性が集う女性部のブログもあります↓
https://houkairou-joseibu.at.webry.info/
組合員の若手が集う青年部のブログもあります↓
https://blogs.yahoo.co.jp/seinenbu_hkr



______________________________________________________________________________

【ご意見・ご感想・ご質問は…編集部へ!】
______________________________________________________________________________

このメールマガジンへのご質問などは,以下のいずれかの方法で編集長に直接届きます。


■届いたメールマガジンに「返信」する
■編集部のメールアドレス:
houkairoumerumaga@gmail.com
にメールする

編集長のみが見て,返事もしていますので,どうぞお気軽にご連絡ください☆

今回の記事はいかがでしたか?
ご意見頂ければ幸いです☆

メルマガに関すること以外の法会労についてなどもお気軽にお問い合わせ下さい!

ご連絡お待ちしています☆



______________________________________________________________________________

【編集後記】
______________________________________________________________________________

みなさんも普段から電話応対の仕事をされているものと思います。
中には対応に困る電話もありますね。

特に,最近は外国語での電話が突然架かってくることも珍しくは無いものと思います。
自慢ではありませんが,私は日本語の標準語と茨城弁を使い分けるバイリンガルではありますが,それら以外は喋れません。

英語は中学高校でたくさん勉強したはずなのに,普段一切使わないので,完全に知識は抜けてしまっています。
先日も,電話に出た途端,「Hello! ????プロテイン?」と聞こえてきました。

プロテイン?なぜ,タンパク質を主成分とするサプリメントについて聞かれているのか不明で動揺しました。
とっさに適当な言葉が思い浮かばず「Oh…Ah…」などと無駄に欧米風につぶやきつつ,何も答えられずにいると「プロテイン?」と重ねて聞いてきます。

「ここはプロテインではありません。法律事務所です。」と英語で伝えたかったのですが,どうもせっかちな方のようで,私がどうにか「This is Law…」と言いかけると「プロテイン?」と遮ってきます。

「NoNo」と答えるのですが,どうしてもここがプロテインかどうか確かめたいようです。
そこで,実は日本語でも通じるんじゃないか?と思い付き「チガイマス」となぜか片言で答えたところ,その相手の方「ワカリマシタ」と言って電話を切ったのでした。

なんだ日本語分かるんじゃないか!?
しかし私がプロテインに聞こえていたモノは何だったのか?
法律事務所の事務員にこのサプリメントについて聞いてみようと思い立つ斬新な発想の持ち主でない限り私の聞き間違えでしょう。
一体何が聞きたかったのか気になりますね。実はお客さんだったりして…。

本号も最後までお読みいただきありがとうございます(^O^)


(編集長)



<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>
週刊 法律会計特許一般労働組合メールマガジン 編集部

お問い合わせ・配信停止などのご連絡は
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-9-1
電話 03-3255-9280
メール houkairoumerumaga@gmail.com
ホームページhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~houkairo/
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

編集長が共著している本
の宣伝(^_^;)

法律家のためのITマニュアル新訂版


法律家のためのスマートフォン活用術



法律事務所で働く
事務員向け書籍紹介コーナー

ご興味のある書籍はクリックにて詳細&購入先が表示されます!



法律事務職員のための訴額・管轄事例集



法律事務職員のための家事事件申立ての実務


■法律事務員のための

実務情報誌

「法律事務」

好評発売中!!

NEW


第46号
相続実務



第45号
民事事件に関する不服申立手続



第44号
執行のお仕事



第43号
成年後見の制度と実務


法律事務職員研修テキスト
【基本編】
上巻


【第294号】労基法三の続な〜るほど・ザ 労働基準法!その3『法定労働時間と所定労働時間』の巻 法会労メールマガジン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる