法会労メールマガジン

アクセスカウンタ

zoom RSS 【第292号】民法 相続法の大幅改正 その7 不動産を「相続させる」遺言の効力変更

<<   作成日時 : 2018/10/05 08:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*

週刊 法会労メールマガジン

*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*

毎週金曜日発行

2018年9月28日

【第292号】

法律事務所などで働く皆さんこんにちは☆
法会労メールマガジンです!

事務員大喜利の第2回お題に対する回答締切が迫っています。
現時点で17本の作品を頂戴しています。ありがとうございますm(_ _)m
回答期限は明後日!9/30までです!是非,面白回答をお寄せください☆

ところで,このメールマガジンも読者数が増えて一気にたくさん配信しているためか,時たま迷惑メールと判断されて届かなくなってしまうことがあるようです。
特に,直近では「@nifty.com」のメールアドレスで登録いただいている読者への配信が一切できなくなっています。

ニフティの迷惑メールのシステムで弾かれているようです。
何とかできないかいろいろ試していますので,あるときから急に配信が再開される可能性がありますが,今後一切届かない可能性もあります。

こちらで勝手に配信を止めるようなことはしていませんので,もし最近法会労メルマガが届いていないなという方がいましたら,どうぞ編集部までお知らせくださいませ。ってこのメール自体が届いていないって話なんですけどね (^o^;)


(編集長)


【追記】

法会労メールマガジン編集部でLINE公式アカウント取得しました。
最新の研修会のご案内や仕事に関する情報,本メルマガに関してのお知らせや事務員あるある・雑学知識・お役立ち過去記事等をお届けしたいと思っています。
よろしければ,友だち追加をお願いします☆
LINE ID:@kui8292p
アカウント名 法会労メールマガジン編集部
お知らせページはコチラ↓
https://houkairou-mail-magazine.com/?p=63&preview=true

Twitterのフォローお願いします☆
お知らせページはコチラ↓
https://houkairou-mail-magazine.com/?p=61&preview=true



______________________________________________________________________________

【今週の掲載記事】
______________________________________________________________________________

■事務員大喜利
第2回お題の作品募集中!

■お役立ち過去記事紹介

■法改正情報
民法 相続法の大幅改正 その7 不動産を「相続させる」遺言の効力変更

■研修会等企画のご案内

■今週の雑学知識

■業務に役立つ書籍紹介

■お仕事ミニ情報
後見制度支援信託と同様の預金が運用スタート

■事務員あるある

■法会労って?

■編集後記



______________________________________________________________________________

【事務員大喜利】
第2回お題の作品募集中!締切間近!
______________________________________________________________________________

大好評(たぶん)を博しています事務員大喜利。第2回のお題を下記のとおりお出ししています。
回答締め切りは,2018年9月末日としています。

専用フォームまたはメール返信にて回答(作品)をご投稿ください。
本企画の内容としては,作品の面白さの程度により1(ふっ)・2(ふふ)・3点(ははは)の評価ポイント(座布団)を審査委員長の審査にて付与します。

ポイントが貯まれば称号を授与します。ポイントを獲得した作品は当メルマガの誌上で公表します。作品のご投稿は専用フォームで受付けます。

ご投稿に際しては,ペンネームの記載もお願いします。
作品は何作品でもご投稿可能ですが,称号授与の都合上,同じペンネームないしは本名をご明記(ペンネームが変わっても本名で加点します)の上でのご投稿をおすすめします。
お題は以下です。

【お題】
メルマガ地裁のオオギリ食堂、うわさの裏メニューとは?

下記URLの作品投稿フォームまたはこのメールへの返信で作品をお寄せください。
みなさまのご投稿を心よりお待ちしております!

■作品投稿フォーム
https://houkairou-mail-magazine.com/script/mailform/oogiri1

■メール返信の場合
回答:
ペンネーム:
お名前(本名・フルネーム・任意):
ご意見・ご感想・メッセージ(任意):
をご明記の上,ご投稿ください。


(編集部)



______________________________________________________________________________

【お役立ち過去記事紹介】
______________________________________________________________________________

強制執行事件で申立書に記載できる(計上できる)費用の法令根拠を紹介しています。

第166号【お仕事マメ知識】執行費用の根拠条文
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201603/article_3.html



______________________________________________________________________________

【法改正情報】
民法 相続法の大幅改正 その7 不動産を「相続させる」遺言の効力変更
______________________________________________________________________________

平成30年7月6日,民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律(平成30年法律第72号)が成立し,7月13日に公布されました。
民法のうち相続法関係については,1980年以来,40年ぶりの大幅改正がとなります。

施行期日は,公布の日から1年以内に施行される別途政令で指定された日(但し,遺言書の方式緩和については平成31年1月13日から。また,配偶者の居住の権利については,公布の日から2年以内に施行。)とされています。

多岐にわたる改正点がある中,改正の要点をご紹介しています。

バックナンバーはこちら↓
第286号【法改正情報】民法 相続法の大幅改正 その1 配偶者の居住権
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201808/article_3.html

第287号【法改正情報】民法 相続法の大幅改正 その2 自筆証書遺言の要件緩和
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201809/article_1.html

第288号【法改正情報】民法 相続法の大幅改正 その3 相続された預貯金債権の仮払い制度
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201809/article_2.html

第289号【法改正情報】民法 相続法の大幅改正 その4 配偶者保護の方策 居住用不動産の特別受益 持戻し免除の意思表示の推定
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201809/article_3.html

第290号【法改正情報】民法 相続法の大幅改正 その5 遺留分減殺請求の効果の変更
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201809/article_4.html

第291号民法【法改正情報】 相続法の大幅改正 その6 遺言執行者についての規定
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201809/article_5.html

今回は,不動産を「相続させる」遺言の効力変更についてご紹介します。

今回はまず設例から見てみます。

(設例は以下)
Aさんには,妻Bさん,子Cさんのみの推定相続人がいます。
子CさんはDさんから多額の借金をしています。Dさんは債権者,子Cさんは債務者という関係です。債権者Dさんは子Cさんがお金を返してくれなくて困っています。

Aさんが亡くなり,妻Bさんと子Cさんが相続することになりました。
Aさんは1筆の土地Xのみを持っていました。
債権者Dさんは,Cさんにお金を返して欲しいので民事裁判を提起し勝訴判決を得た上で,Cさんの法定相続分に対応した土地Xの持分を差押えました。
(設例は以上)

この設例で,実は被相続人Aさんが遺言で妻Bさんに土地の全部を遺贈していた場合と,遺産分割協議で妻Bさんが土地の全部を取得するとした場合,民法では,債権者Dさんの差押えが有効にできるかどうかは,妻Bさんの相続の登記が差押えの登記の先に入るか後になるかで結論は変わります。

具体的には,妻Bさんの相続の登記が先になされている場合には,債権者Dさんはもはや差押えの登記をすることはできません。

一方で,債権者Dさんの差押えの登記(先行して法定相続による代位登記)が先になされている場合には,もはや妻Bさんが土地の所有権全部を相続する内容の登記はすることができません。

遺贈と遺産分割協議で相続した場合には対抗問題で処理されるということになります。

ところが,被相続人Aさんがいわゆる「相続させる」遺言をしていた場合には,現行民法の解釈では,登記なくして第三者に対抗することができるとしており(最二小判平14.6.10),相続の登記と差押えの登記の先後に関係なく,常に相続の登記が優先され,そのような遺言があることを知らない債権者であっても常に差押えの登記をしても無駄に終わるとされています。

しかし,債権者はこのような遺言があることは知りようがありませんので,せっかく差押えの登記をして第三者に競売で売却しても,「相続させる」遺言があることで覆ってしまうおそれがある,取引の安全を阻害するという問題点が指摘されていました。

改正法では,不動産を「相続させる」遺言についても,法定相続分を超える部分については,登記等の対抗要件を具備しなければ,第三者に対抗できないとの規定が新設(新民法第899条の2第1項)され,対抗問題で処理されることになりました。

詳細については,改正の新旧条文対照表をアップしておきますので,そちらでご確認いただければと思います。

2018年7月6日改正 民法等の新旧条文対照表↓
https://houkairou-mail-magazine.com/haifu/180706minpoukaisei.pdf

長くなりましたので,他の改正点についてはまた次号でご紹介します。


(編集長)



______________________________________________________________________________

【バックナンバー】
______________________________________________________________________________

【第289号】
■民法 相続法の大幅改正 その4 配偶者保護の方策 居住用不動産の特別受益 持戻し免除の意思表示の推定/
■お仕事体験談:電子内容証明郵便のエラーにハマる
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201809/article_3.html

【第290号】
■民法 相続法の大幅改正 その5 遺留分減殺請求の効果の変更/
■お仕事ミニ情報 DV等の加害者代理人として被害者の住民票の写しが必要な場合
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201809/article_3.html

【第291号】
■民法【法改正情報】 相続法の大幅改正 その6 遺言執行者についての規定/
■お仕事ミニ情報 成年後見等開始申立ほかで,戸籍と住民票の範囲が変更
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/201809/article_5.html


288号以前も含め全てのバックナンバーは以下からご覧いただけます。
週刊!法会労メールマガジン バックナンバーブログ
https://houkairou-merumaga.at.webry.info/



______________________________________________________________________________

【研修会等企画のご案内】
●●オンライン申し込み開設しています●●
______________________________________________________________________________

法会労関連企画オンライン申込はこちら↓
https://houkairou-mail-magazine.com/script/mailform/kikakumousikomi


■■■ お楽しみ企画 柴又を遊びつくそう! ■■■

寅さんの新作映画が製作されるという今日このごろ。
せっかくだから柴又に行って遊びつくしちゃおう。
途中で分かれて再合流!どちらにしますか?

(1)老舗の和菓子屋さんで和菓子作りを体験※通常4000円のところ、今回は特別に2000円で体験できます
(2)寅さん資料館で寅さんの世界を満喫
※和菓子ルート希望の方は必ず10月12日までにお申込みをお願いします。

法会労 主催
・日 時  2018年10月20日(土) 11:00集合
・場 所 柴又駅 寅さん像前
・参加費 施設利用料 詳しくはチラシをご覧ください
・連絡先 旬報法律事務所 緑川(TEL:03−3580−5311)

詳細及びお申し込みは以下のチラシをご覧ください☆
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/181020shibamata.pdf


■■上記,法会労関連の各企画への参加申し込みはオンラインでも申込可能です☆
組合員でない方のご参加も歓迎いたします!

法会労関連企画オンライン申込はこちら↓
https://houkairou-mail-magazine.com/script/mailform/kikakumousikomi



■■■ 民法を学ぼう!「民法条文学習ゼミ」 ■■■

法律事務職員業務研修世話人会主催(JALAP、JALAP関東共催)で、10月から民法の研修会が継続的に開催されます。

来年以降施行される、相続法、債権法を中心に、その他の実務に関わる条文をゼミ形式で勉強しようという企画です。

日程は、第1回10月24日、第2回11月21日が決まっていますが、その後1か月に1回程度、約1年開催される予定です。

申込み方法その他詳しくは、下記ご案内をご参照下さい。
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/181024_1121minpouzemi.pdf

また法律事務職員業務研修世話人会のホームページからも申込みができます。
http://www.solajp.org/



■■■ 日弁連能力認定制度研修 ■■■

2018年度日弁連能力認定制度研修の受講者募集中です。

日弁連主催の中央研修会、弁護士会研修会が今年度から【参加費無料】になりました。

詳しくは日弁連ホームページのお知らせをご参照下さい。
https://www.nichibenren.or.jp/news/year/2018/180821.html



■■■ 東京三会DVD研修会 ■■■

東京の三弁護士会では、三会持ち回りで、日弁連能力認定制度研修の過去のDVDを使用したDVD研修会を平日夜間に実施しています。

日弁連の今年度の研修会とは別科目で実施され、参加費は無料ですが、事前に申込みをして、メールアドレスを登録する必要があります。

詳しくは下記ご案内をご参照下さい
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/18sankaidvd.pdf



■■■ 東弁主催 事務員研修情報 ■■■

2018年度に開催される東京弁護士会主催の法律事務職員研修会の情報です。基礎講座と中級講座があります。講座の一覧は以下のURLからご確認ください。

基礎講座(PDF文書)↓
https://www.toben.or.jp/pdf/begginer.pdf

中級講座(PDF文書)↓
https://www.toben.or.jp/pdf/middle.pdf



______________________________________________________________________________

【今週の雑学知識】
______________________________________________________________________________

法廷で,審判その他の手続中に,秩序を維持するため裁判所が命じた事項を行わず若しくは執つた措置に従わず,又は暴言その他不穏当な言動で裁判所の職務の執行を妨害し若しくは裁判の威信を著しく害した者は,二十日以下の監置若しくは三万円以下の過料に処され得る

(法廷等の秩序維持に関する法律第2条1項)



______________________________________________________________________________

【業務に役立つ書籍紹介】
______________________________________________________________________________

■法律事務職員のための実務情報誌「法律事務」
「相続実務」
〜事務職員が関わる いろいろな相続手続き〜

相続とはなんぞや?ということから、預貯金等の金融資産や不動産をはじめとする様々な財産の換価や名義変更まで。
多岐にわたる相続実務を、事務職員目線で注意すべきポイントを中心にまとめました。
弁護士の急な指示にも対応できる参考書式も盛りだくさん。
事務職員の皆さんの実務に役立つ一冊です。
2018年1月発行
頒価1,000円(税込・送料別)
ご購入申込み及び詳細は以下の「法律事務」のページをご参照ください。
https://houzenren.com/houritujimu.html


■応用研修テキスト
応用1 訴訟以外の民事手続,裁判外手続
応用2 不動産競売,その他の民事執行
応用3 自己破産手続,個人再生手続
応用4 破産管財
応用5 成年後見
応用6 登記,供託,担保取消
応用7 民事訴訟の構造,弁護士倫理と事務職員倫理

実務に直結した普段の業務にも役立つ情報満載となっていてオススメです!
日弁連事務職員能力認定研修の【応用】研修のテキストとなっています。
発行者のご厚意でメルマガ読者割引をして頂いています☆
各1,250円+税(1,350円)→(割引)税込各1,215円!
【メルマガ読者限定割引チラシ】
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/jalapsyosekizenkan_merumagayou.pdf


■シリーズ 法律事務所職員のための
「家事事件申立ての実務」」
「法律事務職員のための訴額・管轄事例集」
メルマガ読者限定!割引あり☆
各1,600円+税→(割引)各1,500円(税込)
詳細と購入方法は以下URLからチラシをご確認ください(PDF文書)。
【メルマガ読者限定割引チラシ】
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/jalapsyosekizenkan_merumagayou.pdf


■「法律事務職員【基本】研修テキスト」
日弁連法律事務職員研修カリキュラムに沿った基本研修テキストとなっていますが,内容としては法律事務に役立つ実務書となっています。
上巻
第1編 民事訴訟と事務職員の役割組みと見方
第2編 民事執行総論・債権執行
第3編 民事保全・担保取消手続
第4編 債務整理・破産・個人再生
下巻
第5編 戸籍並びに登記簿の仕組みと見方
第6編 家事手続・人事訴訟
第7編 相続
第8編 刑事・少年事件・事務職員倫理
メルマガ読者割引あり!
各2,500円→(割引)各2,200円
詳細と購入方法は以下URLからチラシをご確認ください(PDF文書)。
【メルマガ読者限定割引チラシ】
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/jalapsyosekizenkan_merumagayou.pdf


■今日から弁護士秘書〜事務職員新人独習テキスト
法律事務員さんの日常業務のキホンのキをコンパクトな分量で解説しています。書籍版は200円で販売していますが,PDF版はなんと!無料で配布しています。
法律事務所用語集では「J庁」「赤い本・青い本」「Z折り」など初心者には「なんのこっちゃ?」な用語が集められています。
https://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/publication/book/secretary.html



______________________________________________________________________________

【手続き・運用情報】
後見制度支援信託と同様の預金が運用スタート
______________________________________________________________________________

後見センターでは,後見人による不正抑止の観点から,一定の金銭や預貯金といった流動資産(以下「金銭等」)がある後見事案については,後見制度支援信託の利用を進めています。

後見制度支援信託とは,本人が日常生活に必要な金銭については,後見人が預貯金で管理するとして,それ以外の通常は使用しない金銭等を信託銀行に信託する仕組みのことです。成年及び未成年後見にのみ利用ができ,保佐・補助の場合には利用できません。

後見センターでは,金銭等が500万円以上の場合に利用を検討する運用となっています。信託銀行に払戻しをする場合には,家庭裁判所の発行する指示書が必要となります。

この仕組みにより,後見人が多額の金銭等を横領するような不正が抑止できる効果が期待されます。

これまで,後見制度支援信託については,信託銀行がその取り扱いをしていましたが,信託銀行では支店や窓口が限られてしまうという不便さがありました。

今般,平成30年6月から,この後見制度支援信託と同様の仕組みで,信用金庫及び信用組合の預金(後見制度支援預金)を利用する方法を選択することが可能となりました。

利用できる信用金庫・信用組合の一覧を以下に掲載します。
http://www.courts.go.jp/tokyo-f/vcms_lf/0106.pdf

この取扱いは後見センターでの運用ですが,立川支部についても今月(平成30年9月)から後見制度支援預金を利用できるようになるようです。


(編集長)
(情報提供:S選手 ありがとうございます!)



______________________________________________________________________________

【事務員あるある】
______________________________________________________________________________

旅行先で法律事務所がいくつか固まっているのを見つけると,近くに裁判所がありそうだと感じる



______________________________________________________________________________

【法会労って?】
______________________________________________________________________________

法会労(正式名称:法律会計特許一般労働組合)は,法律事務所など士業の事務所で働く事務員・秘書などでつくられている労働組合です。

法律事務所等で働く方であればどなたでも,ひとりでも入れる労組(ユニオン)です!


法会労の詳細はホームページをご覧ください。労働相談も随時受け付けております!
法会労ホームページ
http://www5a.biglobe.ne.jp/~houkairo/
オンライン相談申込フォームもあります↓
http://form1.fc2.com/form/?id=801887

法会労の紹介パンフレットはこちら↓
https://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/panfuhoukairou.pdf
組合員の女性が集う女性部のブログもあります↓
https://houkairou-joseibu.at.webry.info/
組合員の若手が集う青年部のブログもあります↓
https://blogs.yahoo.co.jp/seinenbu_hkr



______________________________________________________________________________

【ご意見・ご感想・ご質問は…編集部へ!】
______________________________________________________________________________

このメールマガジンへのご質問などは,以下のいずれかの方法で編集長に直接届きます。


■届いたメールマガジンに「返信」する
■編集部のメールアドレス:
houkairoumerumaga@gmail.com
にメールする

編集長のみが見て,返事もしていますので,どうぞお気軽にご連絡ください☆

今回の記事はいかがでしたか?
ご意見頂ければ幸いです☆

メルマガに関すること以外の法会労についてなどもお気軽にお問い合わせ下さい!

ご連絡お待ちしています☆



______________________________________________________________________________

【編集後記】
______________________________________________________________________________

職場の近所のローソンが最近「サンドイッチ革命」というノボリを掲げています。
革命とは「従来の被支配階級が支配階級から国家権力を奪い,社会組織を急激に変革すること」(広辞苑第6版)ですので,ローソンの店舗内では恐ろしいことが起こっているようです。

どうやら被支配階級たるサンドイッチが,支配階級から権力を奪取する動きがあるようです。
支配階級とは,「ある者が(中略)束縛を加えること」(広辞苑第6版)ですので,きっとサンドイッチを包装しているラップのことでしょう。

ということは,サンドイッチが包装ラップの支配から権力を奪うというくらいなので,サンドイッチがラップを包んでしまっているのかも知れません。
社会組織を急激に変革すると言うくらいなので,コンビニの店舗内を何か急激に変えてしまう…サンドイッチ自体が店長になってしまっているのかも知れません。

その実態を調査すべく,お昼休みの限られた時間を利用し,ローソンに単身飛び込みました。
当のサンドイッチ,特にこれまでと外見上は変化がありません。
きっと包装ラップに見えるものがサンドイッチで,中に入っているサンドイッチに見えるものがラップになっているものと思われます。

ひとまず,革命によりもともとはサンドイッチだったと思われる店長が打つレジでサンドイッチ自体を買って,包装ラップに見えるサンドイッチを食べて良いものか,サンドイッチに見えるラップを食べて良いものか,非常に迷いましたが,ひとまずサンドイッチに見える方を食べてみました。

ちなみに,「革命」には「ある状態が急激に発展,変動すること」(広辞苑第6版)という意味もありますので,実のところ,今回のサンドイッチ革命はこの意味だと薄々感づいていました。

しかし,果たしてこのサンドイッチ,そこまで「急激に発展,変動」したのか?(反語)ちょっと「革命」を安易に使いすぎじゃね?と,要するにそれを言いたいだけのことでした。しょうもない話ですみません。

本号も最後までお読みいただきありがとうございます(^O^)


(編集長)



<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>
週刊 法律会計特許一般労働組合メールマガジン 編集部

お問い合わせ・配信停止などのご連絡は
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-9-1
電話 03-3255-9280
メール houkairoumerumaga@gmail.com
ホームページhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~houkairo/
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

編集長が共著している本
の宣伝(^_^;)

法律家のためのITマニュアル新訂版


法律家のためのスマートフォン活用術



法律事務所で働く
事務員向け書籍紹介コーナー

ご興味のある書籍はクリックにて詳細&購入先が表示されます!



法律事務職員のための訴額・管轄事例集



法律事務職員のための家事事件申立ての実務


■法律事務員のための

実務情報誌

「法律事務」

好評発売中!!

NEW


第46号
相続実務



第45号
民事事件に関する不服申立手続



第44号
執行のお仕事



第43号
成年後見の制度と実務


法律事務職員研修テキスト
【基本編】
上巻


【第292号】民法 相続法の大幅改正 その7 不動産を「相続させる」遺言の効力変更 法会労メールマガジン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる