法会労メールマガジン

アクセスカウンタ

zoom RSS 【第269号】相続登記未登記の土地で,相続登記する場合の免税措置が新設

<<   作成日時 : 2018/04/12 05:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*

週刊 法会労メールマガジン

*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*

毎週金曜日発行

2018年4月6日

【第269号】

法律事務所などで働く皆さんこんにちは☆
法会労メールマガジンです!

前号までお送りしていました第3回法律事務所的誤変換コンテスト,大好評を博しました(たぶん)。
素晴らしい作品の数々に,きっとみなさま楽しんでいただけたものと思います。

楽しんだ後には作者のみなさまに感謝の気持ちを届けましょう☆
優秀作品を選出する投票を4月15日まで受け付けています。
以下の投票フォームから当メルマガの読者様お一人1票で投票できます。コメントも残せます。

第3回法律事務所的誤変換コンテスト作品一覧と投票フォーム↓
https://vote1.fc2.com/poll?mode=browse&uid=24763995&no=3

ご協力のほど,どうぞよろしくお願いします!


ところで,先週号の当メルマガお仕事ミニ情報「4/1から 東京地裁民事20部 個人破産申立の書式が一部変更になります」の記事で,せっかく書式を配布するためにアップロードしたのにリンク先が一部ヘンテコになっていました。すみません(^_^;)ご指摘頂きましたみなさまありがとうございます!

バックナンバーのブログではリンク先を訂正していますが,正式な書式ダウンロード先を以下のとおりお知らせします。

2018年4月1日以降の東京地裁民事21部個人破産手続開始申立書書式
ワード版↓
http://houkairou-mail-magazine.com/haifu/hasanmousitatesyodayo.docx
PDF版↓
http://houkairou-mail-magazine.com/haifu/hasanmousitatesyo.pdf

マイナンバー確認書書式
http://houkairou-mail-magazine.com/haifu/mainanbakakuninsyodayo.docx
PDF版はこちら↓
http://houkairou-mail-magazine.com/haifu/mainanbakakuninsyo.pdf

何の話か分からないという方は,前号の記事をご確認ください↓
【第268号】4/1から 東京地裁民事20部 個人破産申立の書式が一部変更になります
http://houkairou-merumaga.at.webry.info/201804/article_1.html


あと,法会労メルマガ編集部のTwitterもよろしくお願いします!
研修会情報や外回りに正に今出かけている事務員しか入手し得ないような情報も流しています。

以下のページからフォローできます↓
法会労メールマガジン編集部Twitter開始特設ページ
http://houkairou-mail-magazine.com/Twitter.html


(編集長)



______________________________________________________________________________

【今週の掲載記事】
______________________________________________________________________________

■お役立ち過去記事紹介

■法改正・手続情報
2018年4月1日から,相続登記未登記の土地で,相続登記する場合の免税措置が新設

■業務に役立つ書籍紹介

■今週の雑学知識

■研修会等企画のご案内

■事務員あるある

■お仕事ミニ情報
債権執行等での診療報酬を差し押さえる場合の送達先が変更となります。

■法会労って?

■編集後記



______________________________________________________________________________

【お役立ち過去記事紹介】
______________________________________________________________________________


保存せずに終了してしまったWordやExcel等のファイルを復活させるアイディアをご紹介しています。

第207号【パソコン小技】保存せずに終了してしまったWordやExcel等のファイルを復活させる方法



______________________________________________________________________________

【法改正・手続情報】
2018年4月1日から,相続登記未登記の土地で,相続登記する場合の免税措置が新設
______________________________________________________________________________

事務所によっては事務員が不動産の登記申請の手続をするような事務所もありますね。
自主研修会では,不動産の登記申請についての勉強会を開催することもあります。
勉強会では,登記をする場合には,登録免許税という税金を収入印紙を申請書に貼付する方法等により納める必要があることを学んだりします。

相続登記をする場合には,原則として対象不動産の評価額の1000分の4に該当する金額を登録免許税として納付しますが,例外として,租税特別法により,減額になったり免除になったりする場合があります。

今般,平成30年度の税制改改正により,土地の相続登記で,一定の場合に,登録免許税が免除となる措置が新たに設けられましたのでお知らせします。
具体的には,以下の要件を満たす場合には免税となります。

■相続をした人が不動産の相続登記をする前に死亡した場合であること
■個人が相続する場合であること
→相続人に対する遺贈も含む
■登記の対象が土地であること
→建物は対象外
■所有権の相続であること
→所有権以外の権利の相続登記は対象外
■亡くなった個人を当該土地の所有権の登記名義人とするための登記で,平成30年4月1日から平成33年(2021年)3月31日までに手続をすること

従って,例えば,Xという土地を所有する個人Aさんが亡くなり,Bさんが土地Xの所有権を相続により取得したけれども,土地Xの相続登記手続をする前にBさんが亡くなってしまった場合に,Bさんの相続人Cさんが,土地XのAさんからBさんへの相続登記,BさんからCさんへの相続登記を,平成33年(2021年)3月31日までにする場合には,AさんからBさんへの相続登記に関しては免税措置が受けられ得るということになります。

込み入った話をすると,上記のような数次相続で中間の相続が単独相続の場合であれば中間省略登記ができるので,登録免許税の免税は問題にならないようにも思えますが,中間省略登記ができない場合や,BさんからCさんへの土地Xの所有権移転は必ずしも相続を原因とするものである必要はなく,例えば売買であるような場合にも免税措置の対象となりますので,このような場合に,今回の免税措置が生きてきます。

具体的な手続としては,登記申請書に以下の一文を記載することで免税措置の適用を受けることができます。

「登録免許税 租税特別措置法第84条の2の3第1項により非課税」

逆に,この表示をしないと免税を受けることができませんので注意しましょう。

以上,実際に登記申請する場合には,法務局のホームページに今回の免税措置についての解説ページと,参考書式や記載例及び細かい注意事項が記載された書面が配布されていますので,そちらをご参照ください。

法務局ホームページ「相続登記の登録免許税の免税措置について」
http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/page7_000017.html


(編集長)(情報ご提供:N法律事務所Tさん,ありがとうございます!)



______________________________________________________________________________

【バックナンバー】
______________________________________________________________________________

【第266号】
■法律事務所的誤変換コンテスト 第3回 応募作品ご紹介その1/
■お仕事ミニ情報 東京地裁の民事事件配てん換えで期日変更になる事件があるかも
http://houkairou-merumaga.at.webry.info/201803/article_4.html

【第267号】
■法律事務所的誤変換コンテスト 第3回 応募作品ご紹介その2/
■お仕事まめ知識 裁判所職員の有休取得率
http://houkairou-merumaga.at.webry.info/201803/article_5.html

【第268号】
■法律事務所的誤変換コンテスト 第3回 応募作品ご紹介その3/
■4/1から 東京地裁民事20部 個人破産申立の書式が一部変更になります
http://houkairou-merumaga.at.webry.info/201804/article_1.html


265号以前も含め全てのバックナンバーは以下からご覧いただけます。
週刊!法会労メールマガジン バックナンバーブログ
http://houkairou-merumaga.at.webry.info/



______________________________________________________________________________

【業務に役立つ書籍紹介】
______________________________________________________________________________

■法律事務職員のための実務情報誌「法律事務」最新刊!
「相続実務」
〜事務職員が関わる いろいろな相続手続き〜

相続とはなんぞや?ということから、預貯金等の金融資産や不動産をはじめとする様々な財産の換価や名義変更まで。
多岐にわたる相続実務を、事務職員目線で注意すべきポイントを中心にまとめました。
弁護士の急な指示にも対応できる参考書式も盛りだくさん。
事務職員の皆さんの実務に役立つ一冊です。
2018年1月発行
頒価1,000円(税込・送料別)
ご購入申込み及び詳細は以下の「法律事務」のページをご参照ください。
https://houzenren.com/houritujimu.html


■応用研修テキスト
応用1 訴訟以外の民事手続,裁判外手続
応用2 不動産競売,その他の民事執行
応用3 自己破産手続,個人再生手続
応用4 破産管財
応用5 成年後見
応用6 登記,供託,担保取消
応用7 民事訴訟の構造,弁護士倫理と事務職員倫理

実務に直結した普段の業務にも役立つ情報満載となっていてオススメです!
日弁連事務職員能力認定研修の【応用】研修のテキストとなっています。
発行者のご厚意でメルマガ読者割引をして頂いています☆
各1,250円+税(1,350円)→(割引)税込各1,215円!
【メルマガ読者限定割引チラシ】
http://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/jalapsyosekizenkan_merumagayou.pdf


■シリーズ 法律事務所職員のための
「家事事件申立ての実務」」
「法律事務職員のための訴額・管轄事例集」
メルマガ読者限定!割引あり☆
各1,600円+税→(割引)各1,500円(税込)
詳細と購入方法は以下URLからチラシをご確認ください(PDF文書)。
【メルマガ読者限定割引チラシ】
http://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/jalapsyosekizenkan_merumagayou.pdf


■「法律事務職員【基本】研修テキスト」
日弁連法律事務職員研修カリキュラムに沿った基本研修テキストとなっていますが,内容としては法律事務に役立つ実務書となっています。
上巻
第1編 民事訴訟と事務職員の役割組みと見方
第2編 民事執行総論・債権執行
第3編 民事保全・担保取消手続
第4編 債務整理・破産・個人再生
下巻
第5編 戸籍並びに登記簿の仕組みと見方
第6編 家事手続・人事訴訟
第7編 相続
第8編 刑事・少年事件・事務職員倫理
メルマガ読者割引あり!
各2,500円→(割引)各2,200円
詳細と購入方法は以下URLからチラシをご確認ください(PDF文書)。
【メルマガ読者限定割引チラシ】
http://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/jalapsyosekizenkan_merumagayou.pdf


■今日から弁護士秘書〜事務職員新人独習テキスト
法律事務員さんの日常業務のキホンのキをコンパクトな分量で解説しています。書籍版は200円で販売していますが,PDF版はなんと!無料で配布しています。
法律事務所用語集では「J庁」「赤い本・青い本」「Z折り」など初心者には「なんのこっちゃ?」な用語が集められています。
http://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/publication/book/secretary.html




______________________________________________________________________________

【今週の雑学知識】
______________________________________________________________________________

沖縄県那覇市役所に戸籍等謄本や住民票の写しを郵送で交付申請をすると、ハイサイ市民課から交付され届く



______________________________________________________________________________

【研修会等企画のご案内】
●●オンライン申し込み開設しています●●
______________________________________________________________________________

法会労関連企画オンライン申込はこちら↓
http://houkairou-mail-magazine.com/script/mailform/kikakumousikomi


■■■ 13日の金曜日はみんなでストレス発散会!!■■■

なにかとストレスの多いこのお仕事。
お菓子でもつまみながら、同じ業界の人たちとわいわいおしゃべりして、
ストレス発散しちゃいませんか?
「みんな結構同じようなこと考えてるんだなぁ」って思うと心も軽くなるかも。
初めての方も大歓迎です。お気軽にご参加ください。

法会労組織化推進部主催
・日 時  2018年4月13日(金) 18:30〜
・場 所 浦和コミュニティセンター第2集会室
     浦和駅東口から徒歩1分、PARCO10階
・参加費 200円*お茶・お菓子代
・連絡先 旬報法律事務所 緑川(TEL:03-3580-5311)
     組合事務所 浅野(TEL:03-3255-9280)
詳細及びお申し込みは以下のチラシをご覧ください☆
http://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/180413sutoresuhassankai.pdf



■■■青年部主催 簿記・会計の基本■■■

簿記ってどうして必要なの?
決算書ってどうやってみればいいの?
破産申立などの法律事務でも必要になってくる知識ですよね。
今回は決算書の読み方など、基本的なことをわかり易くお話ししていただきます!
会計担当の方も、法律事務の方も、どうぞお気軽にご参加ください☆

法会労 青年部主催
・日 時  2018年4月20日(金) 19:00〜20:30
・場 所 日比谷図書館4階 スタジオプラス
・講 師 千葉 徹氏(中央経理事務所)
・参加費 無料
・連絡先 浦和法律事務所 大出(TEL:048-833-4621)
詳細及びお申し込みは以下のチラシをご覧ください☆
http://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/180420seinenbukaikei.pdf



■■■ 失敗談・あるある交流会 ■■■

法律事務所で仕事をしているとやりがちな失敗,今だから言えるけど笑ってしまう経験談,ここだけの話,みなさんたくさんお持ちでは?
 今回は,同じ立場の事務員だからこそ話せる・分かる失敗談を集めてご紹介&それをもとにみなさんで交流します。
 みんなで話して笑って失敗から学んで大いにストレス解消しちゃいましょう!

・日時:2018年5月18日(金)18:30〜
・場所:旬報法律事務所
東京都千代田区有楽町一丁目6番8号松井ビル9階会議室
・参加費:無料
・連絡先 日比谷シティ法律事務所 根本(TEL:03-3580-5460)
詳細及びお申し込みは以下のチラシをご覧ください☆
http://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/180518sippaidanaruarukouryukai.pdf



■■■■■〜弁護士の仕事のすべて〜■■■■■
〜新宿地域合同業務研修会〜
皆さんは日常の弁護士さんの業務、どこまで知ってますか?
今回は弁護士先生を講師に迎え、事務員が普段関わらないような弁護士の日常業務など、よりリアルに、かつわかりやすい言葉で大いに語っていただきたいと思います。
今回は初級編として新人さんは参加費無料!秋は中・上級編を予定しています。もちろんベテラン事務員さんも大歓迎。
申込みの際は勤続年数のご記入をお忘れなく!
どなた様もお気軽にご参加下さい。

〜法会労東京法律分会、四谷分会、新宿分会主催〜
・日 時 :2018年6月6日(水) 18:30〜20:30
・場 所: 四谷保健センター 5階D・E室
・参加費:200円(勤続2年未満の方は無料!)
・連絡先 林(電話03-3355-0611)
詳細及びお申し込みは以下のチラシをご覧ください☆
http://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/180606bengosinosigotonosubete.pdf


■■上記法会労関連の各企画への参加申し込みはオンラインでも申込可能です☆
組合員でない方のご参加も歓迎いたします!

法会労関連企画オンライン申込はこちら↓
http://houkairou-mail-magazine.com/script/mailform/kikakumousikomi



■■■ 能力認定試験過去問演習講座 ■■■

法律事務職員業務研修世話人会と日本弁護士補助職協会共催で、下記のとおり過去問演習講座が行われます。
日弁連の能力認定試験は、法律事務職員に必要とされる法的知識や実務能力の理解度をチェックするためのものですので、
過去問を題材に実務的な知識を整理することは、試験対策のみならず、実務的な知識の整理や能力向上にも有効と言えます。

【日時とテーマ】
 第2回 4月12日(木) 「民事保全」「破産・再生」
 第3回 4月25日(水) 「戸籍・登記・供託」「家事事件」
 第4回 5月16日(水) 「相続・成年後見」「刑事・倫理」
  時間はいずれも午後6時15分から午後8時30分
【会 場】未定(文京区民センター会議室を予定しています)
  ※受講者には後日メールでご案内します(メールアドレスの登録が必要)。
【定 員】30名(申込順)
【参加費】4回3000円 1回毎の参加は1000円
【テキスト】 法律事務職員基本研修テキスト(上)(下) 発行:日本弁護士補助職協会(JALAP)
詳しくは法律事務職員業務研修世話人会のホームページをご覧下さい。
http://www.solajp.org/schedule.html
※ ご案内チラシのダウンロード、参加申込みもホームページから行えます。



■■■ 東京三会主催 法律事務職員DVD研修会 ■■■

日弁連能力認定制度研修会のDVDを利用して、東京三会が持ち回りで実施する研修会です。
2016年度に実施された科目ですので、今年度の日弁連研修とは異なるテーマとなっています。
参加費は無料で、法律事務職員であれば誰でも申込みが可能です。
参加には、事前の申込みとメールアドレスの登録が必要となります。

第7回…2018年 4月18日(水)一弁1206会議室(12階)
第8回…2018年 5月24日(木)二弁1006会議室(10階)

詳細及びお申し込みは以下のチラシをご覧ください☆
http://houkairou-mail-magazine.com/haifu/sankaidvd2017.pdf



■■■ 東弁主催 事務員研修情報 ■■■

2017年度に開催される東京弁護士会主催の法律事務職員研修・基礎講座と中級講座の一覧及び申込方法を以下のURLに掲載しています(PDF文書)。

http://houkairou-mail-magazine.com/haifu/2017tobenjimuinkensyu.pdf


______________________________________________________________________________

【事務員あるある】
______________________________________________________________________________

裁判所予納金を札束で持参,窓口で現金計数機で数える際,1枚足りなかったらどうしようとちょっとだけ緊張する



______________________________________________________________________________

【お仕事ミニ情報】
債権執行等での診療報酬を差し押さえる場合の送達先が変更となります。
______________________________________________________________________________

従前は,社会保険にかかる診療報酬や調剤報酬及び訪問介護療養費を差し押さえる場合には,第三債務者として,債務者たる保険医療機関等が所在する都道府県にある社会保険診療報酬支払基金の「支部」を送達先としていました。

例えば,現在は,東京地裁民事21部では以下のような書き方で第三債務者の表示をしています。
〒○○○−○○○○ 東京都……
第三債務者 社会保険診療報酬支払基金
代表者理事長 ○ ○ ○ ○
(送達場所) 〒○○○−○○○○ 東京都……
社会保険診療報酬支払基金東京支部
幹事長 ○ ○ ○ ○

今般,2018年4月2日からは,差押等の事件における受付窓口が基金本部になります。
今後は,どこの支部宛なのかを調べることなく,一律に担当窓口を送達先として記載することとなるようですのでお知らせします。

正式には,東京地裁民事21部の案内が変更になるのを確認されてから手続きするのがよろしいかと思いますが,おおよそ以下のような表示をすることになります。

〒105−0004 東京都港区新橋2−1−3
第三債務者 社会保険診療報酬支払基金
代表者理事長 ○ ○ ○ ○
(送達場所) 〒231−8346 神奈川県横浜市中区山下町34
社会保険診療報酬支払基金
業務部事業費管理室資金管理課債権管理係

なお,2018年4月2日以降に,基金支部宛に差押命令等が送達された場合でも,しばらくの間は,その支部での受付をしてくれるようです。


(編集長)



______________________________________________________________________________

【法会労って?】
______________________________________________________________________________

法会労(正式名称:法律会計特許一般労働組合)は,法律事務所など士業の事務所で働く事務員・秘書などでつくられている労働組合です。

法律事務所等で働く方であればどなたでも,ひとりでも入れる労組(ユニオン)です!


法会労の詳細はホームページをご覧ください。労働相談も随時受け付けております!
法会労ホームページ
http://www5a.biglobe.ne.jp/~houkairo/
オンライン相談申込フォームもあります↓
http://form1.fc2.com/form/?id=801887

法会労の紹介パンフレットはこちら↓
http://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/panfuhoukairou.pdf
組合員の女性が集う女性部のブログもあります↓
http://houkairou-joseibu.at.webry.info/
組合員の若手が集う青年部のブログもあります↓
http://blogs.yahoo.co.jp/seinenbu_hkr



______________________________________________________________________________

【ご意見・ご感想・ご質問は…編集部へ!】
______________________________________________________________________________

このメールマガジンへのご質問などは,以下のいずれかの方法で編集長に直接届きます。


■届いたメールマガジンに「返信」する
■編集部のメールアドレス:
houkairoumerumaga@gmail.com
にメールする

編集長のみが見て,返事もしていますので,どうぞお気軽にご連絡ください☆

今回の記事はいかがでしたか?
ご意見頂ければ幸いです☆

メルマガに関すること以外の法会労についてなどもお気軽にお問い合わせ下さい!

ご連絡お待ちしています☆



______________________________________________________________________________

【編集後記】
______________________________________________________________________________

当メルマガでも何度かご紹介しました裁判のIT化に関する有識者会議「裁判手続等のIT化検討会」の提言がまとまりました。

既に新聞等で報道されていますのでご存知のかたもいらっしゃるかと思います。

詳細は別の機会にご紹介したいと思いますが,裁判のIT化が進展していきそうな提言になっています。

例えば,以下のようなIT化の提言をしています。

・インターネット上で訴状や答弁書といった書類を24時間いつでも提出できるようにする
・提訴の手数料はネットバンキングやクレジットカードを使った電子決済を実現が望ましい
・争点整理手続きについては,裁判所と弁護士事務所などをネットでつなぐ「ウェブ会議」の活用が考えられる

書面のやり取りや管理,裁判期日,事件管理のそれぞれについて電子化していく方向性が打ち出されています。

事務所にいながら訴状や書面を提出でき,裁判の期日も事務所にいながら地方の案件も対応可,事件の記録のダウンロードや進行状況確認もウェブ上で,といった未来がそう遠からず訪れるかも知れません。

仲間内で,そうなると事務員の仕事大丈夫か!?といった危惧もちらほら聞きますが,私は,まぁ大丈夫なんじゃないかと思っています。

今でも電子内容証明郵便や登記事項証明書を電子的に手続きできますが,弁護士は自分で手続きできるけど主には事務員が作業していませんか?
いざ訴状提出が電子化されたとしても,きっと事務員がウェブ上で提出する実際の作業をやることになるんじゃないかと思っています。きっとそれなりに面倒なので。

とはいえ,パソコンに苦手意識があるといまのままではマズイかも知れません。
今後,裁判のIT化がどんどん進展する可能性に備え,私たちもしっかり付いていく必要がありそうですね。

本号も最後までお読みいただきありがとうございます(^O^)


(編集長)



<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>
週刊 法律会計特許一般労働組合メールマガジン 編集部

お問い合わせ・配信停止などのご連絡は
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-9-1
電話 03-3255-9280
メール houkairoumerumaga@gmail.com
ホームページhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~houkairo/
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

編集長が共著している本
の宣伝(^_^;)

法律家のためのITマニュアル新訂版


法律家のためのスマートフォン活用術



法律事務所で働く
事務員向け書籍紹介コーナー

ご興味のある書籍はクリックにて詳細&購入先が表示されます!



法律事務職員のための訴額・管轄事例集



法律事務職員のための家事事件申立ての実務


■法律事務員のための

実務情報誌

「法律事務」

好評発売中!!

NEW


第46号
相続実務



第45号
民事事件に関する不服申立手続



第44号
執行のお仕事



第43号
成年後見の制度と実務


法律事務職員研修テキスト
【基本編】
上巻


【第269号】相続登記未登記の土地で,相続登記する場合の免税措置が新設 法会労メールマガジン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる