法会労メールマガジン

アクセスカウンタ

zoom RSS 【第205号】弁護士懲戒制度ってどんなもの?その3 業務停止になるとどうなる?

<<   作成日時 : 2016/12/21 17:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*

週刊 法会労メールマガジン

*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*

毎週金曜日発行

2016年12月16日

【第205号】

法律事務所などで働く皆さんこんにちは☆
法会労メールマガジンです!

今年も残すところあと2週間程度となってきました。
当メルマガは来週号まで配信し,12月30日金曜日は配信をお休み,次号で年内は終了とさせて頂きたいと思います。
来年は1月6日金曜日から配信します☆

さて,先日から誌面をお借りして告知しています当メルマガのオフ会企画ですが,開催日を来年1月27日にすることにしました。
組合の企画などで,実は私が編集長なんですよ→本当におっさんなんですね☆と読者の方にお会いする機会はこれまでもありましたが,当メルマガ編集部主催で読者の方とお会いする企画をするのは今回が初めてです。

全く企画内容を固めていませんが,メルマガを作成する中でボツになってしまったけれどもお蔵入りさせてしまうにはもったいないネタを公開!ちょっと外には出せない裏話をご紹介!あるある大賞の大選考会!小ワザ便利道具総集編!などの内容を考えています。参加のお申込みは下記の企画ご案内コーナーをご参照ください。
読者のみなさまのご参加をお待ちしています☆


(編集長)



______________________________________________________________________________

【今週の掲載記事】
______________________________________________________________________________

■「まわログ」記事募集中!

■お役立ち過去記事紹介

■研修会等企画のご案内

■特集 弁護士懲戒制度ってどんなもの?その3
業務停止になるとどうなる?

■業務に役立つ書籍紹介

■事務員あるある

■法会労って?

■お仕事体験記
相続と銀行、印鑑と事務員

■今週の雑学知識

■編集後記



______________________________________________________________________________

【お役立ち過去記事紹介】
______________________________________________________________________________

お昼の12時は午前12時なのか午後12時なのか午後0時なのか紹介しています

第40号【特集記事】をご覧ください
http://houkairou-merumaga.at.webry.info/201309/article_2.html



______________________________________________________________________________

【研修会等企画のご案内】
●●オンライン申し込み開設しています●●
______________________________________________________________________________

☆☆企画のオンライン申込はこちら↓
http://houkairou-mail-magazine.com/script/mailform/kikakumousikomi


■■■【本日!】西北部ブロック忘年会@池袋■■■

早いものでもう師走!皆さま1年間本当にお疲れさまでした。
色んなことがあったこの1年、頑張った自分をほめてあげましょう!
というわけで、池袋で中華を堪能しつつ、楽しい時間を過ごしませんか☆

〜西北部ブロック主催〜
・日 時  12月16日(金)18:30〜
・場 所  夜来香 FORMOSA(フォアモサ) 池袋
・参加費  3,280円(飲み放題付き)
・連絡先  城北法律事務所 定衛(じょうえい)
      TEL:03−3988−4866
詳細及びお申し込みは以下のチラシをご覧ください☆
http://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/161216seihokubounenkai.pdf



■■■競売手続〜不動産執行ってどうやるの?〜■■■

法律事務に携わってしばらくすると、姿を現す「民事執行」
手続の種類がたくさんあって、どれがどれだか分からない!という方も多いはず。
今回はその中でも『不動産執行』に焦点をあて、競売の手続きについて学びたいと思います。
どうぞお気軽にご参加くださいませ☆

法会労 青年部主催
・日 時  2017年1月25日(水) 18:30〜
・場 所  日比谷図書館スタジオプラス(丸ノ内線 霞ヶ関駅より徒歩3分)
・参加費 無料
・連絡先 日比谷シティ法律事務所 森田(TEL:03-3580-5460)
詳細及びお申し込みは以下のチラシをご覧ください☆
http://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/160125seinenbukeibai.pdf



■■■法会労メルマガオフ会■■■

法会労メルマガは創刊から丸4年・配信200号を迎えました。
ひとえに読者のみなさまに支えられて配信を継続することができました。
その感謝とともに,これから1000号配信を目指しての一区切りとして読者のみなさまのご意見をお聞きしつつ没ネタや裏話を大公開!するかも!?な「オフ会」を開催します☆メルマガ読者の方であればどなたでも参加大歓迎致します!ぜひご参加ください!

〜法会労メルマガ編集部主催〜
・日 時  2017年1月27日(金)18:30〜
・場 所  日比谷シティ法律事務所入居ビル2階
・参加費  飲食代実費(2,000円程度)
・連絡先  日比谷シティ法律事務所 根本
      TEL:03−3580−5460
参加のお申し込みは以下のオンライン申込みフォームからどうぞ☆
http://houkairou-mail-magazine.com/script/mailform/kikakumousikomi


■■上記法会労関連の各企画への参加申し込みはオンラインでも申込可能です☆
組合員でない方のご参加も歓迎いたします!
法会労関連企画オンライン申込はこちら↓
http://houkairou-mail-magazine.com/script/mailform/kikakumousikomi



■■■東弁主催 事務員研修情報■■■

2016年に開催される東京弁護士会主催の法律事務職員研修・基礎講座と中級講座の一覧及び申込方法を以下のURLに掲載しています(PDF文書)。

http://houkairou-mail-magazine.com/haifu/2016tobenjimuinkensyu.pdf



■■■日弁連能力認定制度東京三会主催DVD研修■■■

東京三弁護士会では,日本弁護士連合会(以下「日弁連」という。)「事務職員能力認定制度」を奨励し,事務職員の研修の機会を増やすため,日本弁護士補助職協会の協力を得て,2015年度の「事務職員能力認定制度に基づく研修会」のDVD放映による研修会を下記日程(平日夜間)で実施します。

この研修会は,昨年度実施された研修会のDVDを利用して実施されますので,本年度日弁連で実施される研修会とは別扱いとなり,またテーマも異なります。日弁連への参加申込みは不要で,法律事務職員であればどなたでもご参加いただけます。

参加費は無料です。

第4回「不動産競売,その他の民事執行」
2017年1月26日(木)
二弁会館10階1006会議室

第5回「債務整理総論,破産並びに個人再生手続の概要」
2017年2月28日(火)
東弁会館5階508ABC会議室

第6回「破産管財」
2017年3月2日(木)
一弁会館12階1206会議室

第7回「民事保全手続」
2017年4月25日(火)
二弁会館10階1006会議室

第8回「民事訴訟の構造,弁護士倫理と事務職員倫理」
2017年5月9日(火)
東弁会館5階502ABC会議室

詳細及び参加申込みは以下のURLから案内書をご確認ください。
http://houkairou-mail-magazine.com/haifu/2016nitibendvdsankai.pdf



______________________________________________________________________________

【特集】弁護士懲戒制度ってどんなもの?その3
業務停止になるとどうなる?
______________________________________________________________________________

前号まで2回に渡り,弁護士懲戒の概要をご紹介しました。

バックナンバーはこちら↓
第203号【特集】弁護士懲戒制度ってどんなもの?その1
制度の概要1
http://houkairou-merumaga.at.webry.info/201612/article_2.html

第204号【特集】弁護士懲戒制度ってどんなもの?その2
制度の概要2
http://houkairou-merumaga.at.webry.info/201612/article_3.html


今回は,実際に懲戒処分をうけてしまったらどうなるのか,処分のうち,「業務停止」となってしまった場合について,日弁連の「被懲戒弁護士の業務停止期間中における業務規制等について弁護士会及び日本弁護士連合会の採るべき措置に関する基準」(以下「基準」)から特徴的なものをピックアップしてご紹介したいと思います。

まず,業務停止の懲戒を受けた場合,「受任している法律事件(裁判所,検察庁及び行政庁に係属前のものを含む。)について,直ちに依頼者との委任契約を解除しなければならない。」とされており,一切の委任契約を解除しなくてはならなくなります。

よって,裁判所等に事件が係属している場合には代理人辞任の手続きをとる必要があります(ただし,業務停止期間が1ヶ月以内であり依頼者が委任契約の継続を求める場合は除く)(基準第2第1号)。

つぎに,顧問契約があるような場合にも「直ちに依頼者との顧問契約を解除しなければならない。」とされています(同第2号)。

また,裁判所との関係では,期日の延期や変更の申請をすることはできませんし,書類の送達や送付があっても受領してはならないことになっています。保釈保証金の還付,保全の保証金・供託金の還付・取戻し,和解金の受領はしてはなりません(民法第654条に該当する場合は除く)(同第3号・4号)。

事務所の経営面では,事務所の賃貸借契約の継続,いわゆるイソ弁や事務員の雇用契約の継続をしていくことは問題ないですが,事務所を使用することはできません(受任事件の引継ぎ等一定の事務等の必要があり弁護士会の承認が得られればその範囲内で使用することは可)(同第8号・9号)。

その間,事務員さんは,事務所の管理,清掃,郵便物の整理その他の弁護士業務以外の目的のためであれば,事務所を使用することができます(同第9号)。

その他,弁護士の肩書又は法律事務所名を表示した名刺,事務用箋及び封筒を使用したり,事務員さん等に使用させてはなりません。弁護士バッジや身分証明書は直ちに日弁連に返還しなくてはなりません(同第11号・12号)。

以上,業務停止中の業務規制のうち特徴的なもののみ一部ピックアップしてみましたが,見てみるだけで恐ろしいですね。
ほとんどの先生は真面目に仕事をされていますので,業務停止になるような弁護士はごく一部(2014年度で全弁護士数に対する懲戒処分数の割合は0.28%)ですが,こんなことにならないよう私たち事務員も十分注意して仕事をしていきましょう!


(編集長)



______________________________________________________________________________

【バックナンバー】
______________________________________________________________________________


【第202号】
■在宅事務員日記その6〜対面でないことの難しさ/
■便利文具紹介 パソコンプリントインデックスシール
http://houkairou-merumaga.at.webry.info/201612/article_1.html

【第203号】
■弁護士懲戒制度ってどんなもの?その1 制度の概要1/
■便利文具紹介 ちびた鉛筆を合体 再び使える鉛筆に 「TSUNAGO」
http://houkairou-merumaga.at.webry.info/201612/article_2.html

【第204号】
■弁護士懲戒制度ってどんなもの?その2 制度の概要2/
■事務員日常小話 レターパックには,ご注意!
http://houkairou-merumaga.at.webry.info/201612/article_3.html


201号以前のものも含め全てのバックナンバーは以下からご覧いただけます。
http://houkairou-merumaga.at.webry.info/



______________________________________________________________________________

【業務に役立つ書籍紹介】
______________________________________________________________________________

■今日から弁護士秘書〜事務職員新人独習テキスト
法律事務員さんの日常業務のキホンのキをコンパクトな分量で解説しています。書籍版は200円で販売していますが,PDF版はなんと!無料で配布しています。
法律事務所用語集では「J庁」「赤い本・青い本」「Z折り」など初心者には「なんのこっちゃ?」な用語が集められています。
http://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/publication/book/secretary.html


■応用研修テキスト
「訴訟以外の民事手続,裁判外手続」
「不動産競売,その他の民事執行」
実務に直結した普段の業務にも役立つ情報満載となっていてオススメです!
日弁連事務職員能力認定研修の【応用】研修のテキストとなっています。
発行者のご厚意でメルマガ読者割引をして頂いています☆
各1,250円+税(1,350円)→(割引)税込各1,215円!
【メルマガ読者限定割引チラシ】
http://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/jalapouyou.pdf


■シリーズ 法律事務所職員のための
「家事事件申立ての実務」」
「法律事務職員のための訴額・管轄事例集」
メルマガ読者限定!割引あり☆jalapouyou.pdf
各1,600円+税→(割引)各1,500円(税込)
詳細と購入方法は以下URLからチラシをご確認ください(PDF文書)。
【メルマガ読者限定割引チラシ】
http://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/siri-zuhouritujimuinnnotameno.pdf


■「法律事務職員【基本】研修テキスト」
日弁連法律事務職員研修カリキュラムに沿った基本研修テキストとなっていますが,内容としては法律事務に役立つ実務書となっています。
上巻
第1編 民事訴訟と事務職員の役割組みと見方
第2編 民事執行総論・債権執行
第3編 民事保全・担保取消手続
第4編 債務整理・破産・個人再生
下巻
第5編 戸籍並びに登記簿の仕組みと見方
第6編 家事手続・人事訴訟
第7編 相続
第8編 刑事・少年事件・事務職員倫理
メルマガ読者割引あり!
各2,500円→(割引)各2,200円
詳細と購入方法は以下URLからチラシをご確認ください(PDF文書)。
【メルマガ読者限定割引チラシ】
http://www.houkairou-mail-magazine.com/chirashi/houritujimusyokuinkihonkensyutekisuto.pdf


■「法律事務」執行のお仕事
以下のURLから,購入方法をご確認の上,お申し込みください☆
http://houzenren.com/houritujimu44goutirasi.html


■「法律事務」民事事件に関する不服申立手続−控訴・上告・抗告・異議申立
以下のURLから,購入方法をご確認の上,お申し込みください☆
http://houzenren.com/houritujimu45goutirasi.html



______________________________________________________________________________

【事務員あるある】
______________________________________________________________________________

破産の依頼者にもらった通帳のコピー。真ん中にされてないのが我慢できなくて、コピーをコピーする

(S選手)



______________________________________________________________________________

【法会労って?】
______________________________________________________________________________

法会労(正式名称:法律会計特許一般労働組合)は,法律事務所など士業の事務所で働く事務員・秘書などでつくられている労働組合です。

法律事務所等で働く方であればどなたでも,ひとりでも入れる労組(ユニオン)です!


法会労の詳細はホームページをご覧ください。労働相談も随時受け付けております!
法会労ホームページ
http://www5a.biglobe.ne.jp/~houkairo/
オンライン相談申込フォームもあります↓
http://form1.fc2.com/post/?id=801887

法会労の紹介パンフレットはこちら↓
http://houkairou-mail-magazine.com/chirashi/panfuhoukairou.pdf
組合員の女性が集う女性部のブログもあります↓
http://houkairou-joseibu.at.webry.info/
組合員の若手が集う青年部のブログもあります↓
http://blogs.yahoo.co.jp/seinenbu_hkr



______________________________________________________________________________

【お仕事体験記】
相続と銀行、印鑑と事務員
______________________________________________________________________________

■事務員の印鑑でOK!?

私は、会計業務を担当しているので、相続手続で銀行に行くことがちょいちょいあります。
ある日のこと

私:え〜と、あとは口座解約の手続ですかね?
銀行員:そうですね。ところで、この手続事務員さんの印鑑使います?
私:(ちょっと目が点)これって通常弁護士印ですよね?
銀:そうなんですけど、稀に弁護士の印鑑を持ち出せない人がいらっしゃいまして。その場合、弁護士から事務員への委任状を付けていただければ事務員さんの印鑑で処理できるようにしているんです。

って、確かにそういうこともあるかもしれないけど、相続手続における口座解約申込書に弁護士名の記載も弁護士印もなくて良いなんて………。口座開設に比べ解約時のほうが何かと緩い印象がありましたが、ここまで柔軟に対応してくれるなんてありがたい話ですよね。※最も銀行・支店によって対応が違うかもしれませんが。


■相続人の実印(怒)

また別の日
私:書類は以上でよろしいですかね?
銀行員:すいません。この委任状なんですが、相続人の実印でお願いしたいのですけど。
私:はい? なんで?(と一悶着)

銀行の言い分としては、「相続人が一度も銀行に訪れていないので、直接に相続人の意思を確認できていないという状況にあるので、この依頼が正式なものであることを証する担保として、委任状に相続人の実印を押印して欲しい。」ということらしいです。

これはあくまでも私の推察で、この時の銀行員は「当行の取決めはそうなっている」の一点張りだったので本当の理由は分からないのです。
この時の相続がちょっとやっかいだったこともあって、地ならしも含めてこの時が3度目の訪問だったうえに今まで実印の話をしていなかったので、この銀行員(中間管理職的なおっさん)の対応に怒り心頭! 実際には一悶着どころか10分以上喧嘩してましたね。

ですが、冷静になってみれば銀行の言い分も理解できるので相続手続の委任状は実印を使うようにしたいと思います。


(五反田のツギ)



______________________________________________________________________________

【ご意見・ご感想・ご質問は…編集部へ!】
______________________________________________________________________________

このメールマガジンへのご質問などは,以下のいずれかの方法で編集長に直接届きます。


■届いたメールマガジンに「返信」する
■編集部のメールアドレス:
houkairoumerumaga@gmail.com
にメールする

編集長のみが見て,返事もしていますので,どうぞお気軽にご連絡ください☆

今回の記事はいかがでしたか?
ご意見頂ければ幸いです☆

メルマガに関すること以外の法会労についてなどもお気軽にお問い合わせ下さい!

ご連絡お待ちしています☆



______________________________________________________________________________

【今週の雑学知識】
______________________________________________________________________________

一円玉の直径はジャスト2センチメートル

(通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律施行令第1条・別表第一 一)



______________________________________________________________________________

【編集後記】
______________________________________________________________________________

私ども法会労は組合員が500人以上いますので,裁判所などに行きますと誰かしら1人2人に会うことがよくあります。

東京地裁本庁の地下郵便局の列待ちでおぉ久しぶり!とか,書記官室に向かうエレベーターでどうもどうもと挨拶したり,だいたい同じようなところを回っていますので出会う可能性が結構あるんですね。

先日も地裁の書記官室の前をうろうろしていましたら,見覚えのある顔が50メートルほど先に見えました。
どうも書記官室の前の廊下は薄暗いので,しばらくぶりにお会いするなぁなどと思いながら,ハッキリと見えるまでニコニコしながら歩いていきました。

お互い近づいて,やぁどうもと言おうとしたところ,なんと全くの別人です。出した笑顔を急に引っ込めて真顔になるのも変ですので,愛想が良い人を装って軽く会釈してやり過ごしました。

満面の笑みでしたので,きっと先方は気持ち悪いやつだなと思ったことでしょう。まぁ裁判所にはいろいろ一風変わった人がいますからね。そのうちの一人だと思ったことでしょう。


本号も最後までお読みいただきありがとうございます(^O^)


(編集長)



<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>
週刊 法律会計特許一般労働組合メールマガジン 編集部

お問い合わせ・配信停止などのご連絡は
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-9-1
電話 03-3255-9280
メール houkairoumerumaga@gmail.com
ホームページhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~houkairo/
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

編集長が共著している本
の宣伝(^_^;)

法律家のためのITマニュアル新訂版


法律家のためのスマートフォン活用術



法律事務所で働く
事務員向け書籍紹介コーナー

ご興味のある書籍はクリックにて詳細&購入先が表示されます!



法律事務職員のための訴額・管轄事例集



法律事務職員のための家事事件申立ての実務


■法律事務員のための

実務情報誌

「法律事務」

好評発売中!!

NEW


第45号
民事事件に関する不服申立手続


第44号
執行のお仕事



第43号
成年後見の制度と実務


法律事務職員研修テキスト
【基本編】
上巻




法律事務職員
実務講座シリーズ


<基本編>改訂版



<応用編T 民事保全・民事訴訟>



<応用編U 民事執行>



<応用編V 破産・個人再生>



<応用編W 戸籍・登記・供託>



<応用編X 相続・家事>
【第205号】弁護士懲戒制度ってどんなもの?その3 業務停止になるとどうなる? 法会労メールマガジン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる